ホーム > 現代インドを知るための60章
現代インドを知るための60章
本体2,000円+税
ISBN 9784750326429
判型・ページ数 4-6・344ページ
出版年月日 2007/10/01

現代インドを知るための60章

急浮上するインドが世界の注目を浴びている。経済自由化が牽引力となったが、その影響は政治・外交分野にも及び、地域間の格差も広がってきた。総勢31名に及ぶ各分野の専門家が、90年代以降の変化を多方面から紹介。激動のインドを理解するための必読書。

 はじめに

1 インドの輪郭
 第1章 世界が注目するインド経済――中国と並ぶ位置づけ
 第2章 騒がしい民主国家――インド民主主義の変容
 第3章 歴史と文化のせめぎあい――亀裂をはらむ社会
 第4章 「宇宙」を作り出す大地――多様性と秩序

2 民主政治がもたらすもの
 第5章 「宿命の対決」を生んだ分離独立――印パと独立の構図
 第6章 世界「最大」の憲法をつくり、育むインドの人々――基本的人権の保障
 第7章 マハトマ・ガンディーからネルー王朝へ――インド国民会議派
 第8章 ヒンドゥーの一翼か議会政党か――インド人民党(BJP)
 第9章 力を増してきた州政府――中央・州関係
 第10章 宗教・カースト、そして政治――ウッタル・プラデーシュ州のアイデンティティ政治
 第11章 地域政党の台頭と苦悩――テルグ・デーサム党
 第12章 インド共産党のジレンマ――イデオロギーと政権運営の相克
 第13章 分離独立の重みを背負うカシミール――建国の理念をめぐるカシミール紛争
 第14章 ヒンドゥー・ナショナリズムの台頭――民族奉仕団(RSS)の組織と運動
 第15章 まだ「春雷」はとどろいている――極左武装闘争グループの活動
 第16章 言論の自由をフル活用――インドのメディア

3 インド経済の光と影
 第17章 世界に名を馳せるインドの財閥――大胆な海外企業の買収
 第18章 日本も注目する株式市場――企業収益による裏付け
 第19章 不動産ブームのインド――過去とは違う四つの変化
 第20章 驚異の躍進を続けるインドIT産業――グローバリゼーション下で開花した比較優位産業
 第21章 ITに続くバイオ・医薬品産業――後発医薬品に比較優位
 第22章 激戦が続くインド自動車産業――離陸を始めたインド市場
 第23章 どこまであるのか、製造業の競争力――変わりつつあるインドの製造業
 第24章 驚きのダイヤモンド加工業――世界のシェア9割を占めるインド
 第25章 東を向くインド――急拡大する東アジアとの貿易
 第26章 一大エネルギー消費国としてのインド――石油消費を中心に増大の一途
 第27章 インフラ整備は民間資本の手で――日本にも期待される役割
 第28章 インドの環境問題――深刻な大気汚染と風力発電
 第29章 「中間層」はどのくらい大きいか――新たな購買層の出現
 第30章 依然として深刻な貧困問題――3人に1人が1日1ドル以下の生活
 第31章 本腰を入れた取り組みが期待される農業・農村開発――労働人口の6割を占める農業
 第32章 インドのNGOと開発――問われる政府との関係

4 複雑な社会を読み解く
 第33章 インドでカーストはどのような意味をもつのか――インド社会とカースト
 第34章 留保制度につのる不満――適用範囲の拡大に強い批判
 第35章 言語とアイデンティティ――多言語の海
 第36章 若者の就職難と「よそ者排斥運動」――対立を生む地元民とよそ者の競合
 第37章 伝統と近代の狭間で苦悩する女性たち――現代インドの女性問題
 第38章 人口増加率・識字率・男女比の地域差が示すもの――縮まらない地域差
 第39章 より遠く、より広く――国内の人口移動
 第40章 再解釈される「家族」の規範と機能――家族観の変化
 第41章 教育の課題――能力主義か機会均等か
 第42章 めくるめくインド映画の世界――経済発展がもたらす変化

5 インドのさまざまな顔
 第43章 急激に拡大変化する大都会――デリー
 第44章 経済グローバル化の最前線――バンガロール
 第45章 労働争議の街から経済成長の街へ――コルカタ
 第46章 グローバリゼーションが駆け抜ける伝統・文化の都市――チェンナイ
 第47章 巨万の富と貧困層が共存するインドの縮図――ムンバイ
 第48章 小麦と米のわきあがる大地――パンジャーブ
 第49章 躍進する地方都市――インドール
 第50章 高い生活指標と不十分な経済――ケーララ
 第51章 経済成長は民族紛争を解決するのか――北東部
 第52章 遥かなる「東洋のスイス」――カシミール

6 世界の中のインド
 第53章 核兵器保有を誇るインド――インドの核戦略
 第54章 大もてのインド――ポスト冷戦期のインド外交
 第55章 インドのご機嫌をとるアメリカ――印米関係の新たな展開
 第56章 宿敵それとも親戚?――関係改善の兆しをみせる印パ関係
 第57章 対決から「理性的なライバル」へ――正常化に向かう中印関係
 第58章 隣接国ネパール・バングラデシュ・スリランカとの付き合い方――新しい関係の模索
 第59章 海外で活躍するインド人のネットワーク――インド系移民の実態
 第60章 出遅れた日本――日印関係の展望

同じジャンルの本

このページのトップへ