ホーム > 政治家の人間力
政治家の人間力
本体2,600円+税
ISBN 9784750326368
判型・ページ数 4-6・388ページ
出版年月日 2007/10/01

政治家の人間力

江田三郎への手紙

北岡 和義 責任編集
「議員二十五年 政権とれず 恥かしや」。この色紙を残した江田三郎は、日本における政権交代を追及し続けた、稀代の政治家だった。没後三〇年、政治家の人間力を問い、政権交代の可能性を論じる、学者、ジャーナリスト、政治的同志ら二〇人による記念論集。
第一部 江田三郎の人間力
 政治家・江田三郎の人間力(北岡和義)
 “政権とれず 恥かしや”(塩田 潮)
 「政治にはビジョンが不可欠」とクライスキ(榎 彰)
 「商売としての政治」否定のパトス(田中良太)
第二部 江田三郎への手紙
 江田さんの世代、社会主義とは社会正義と同義語ではなかったですか(菅 直人)
 平和憲法と江田ビジョン――憲法研究者の一人として(土井たか子)
 輝いていた江田ビジョンと政権意欲(榊原英資)
 若い人は問題意識をもってほしいと願う(山岸 章)
 政権獲得に挑んだ導きの星――江田三郎さんに捧げる(船橋成幸)
 石もて追った党は今なく(加藤宣幸)
 過去を語らず未来をめざす――江田三郎との五七年間(仲井 富)
 江田さん、悲願の政権交代間近です(山田 高)
第三部 戦後政治における江田三郎
 歴史的転換への模索の時代を生きて(正村公宏)
 グローバリズムを超える世界像を(北沢方邦)
 江田三郎の国際感覚(初岡昌一郎)
 構造改革論争と《党近代化》(松下圭一)
 社会民主主義の再生へ向けて(山口二郎)
 真の職業政治家としての江田三郎―解説にかえて(空井 護)
『政治家の人間力――江田三郎への手紙』刊行にあたって
 政治家の人間力――父・江田三郎の場合(江田五月)
 長島愛生園で語り継がれていること(石井昭男)
編集を終えて(北岡和義)
江田三郎没後三〇年・年表

同じジャンルの本

このページのトップへ