ホーム > アルメニア人ジェノサイド
アルメニア人ジェノサイド
本体3,000円+税
ISBN 9784750325378
判型・ページ数 4-6・264ページ
出版年月日 2007/04/01

アルメニア人ジェノサイド

民族4000年の歴史と文化

20世紀初頭のアルメニア人虐殺はなぜ起こったのか? テュルク政府はなぜ加害事実を認めないのか? 文化と民族の十字路・アルメニア高原の歴史を繙き、ペルシャ、テュルク、モンゴル、ロシアら大国の脅威に抗して生き抜いてきたアルメニア民族の姿を伝える。
はじめに
第一章 アルメニア人ジェノサイドの実態
 1 忘れえぬ恐怖の記憶
 2 ジェノサイドの背景と実態
 3 生き証人・目撃者の証言
 4 ジェノサイドを引き起こしたもの
第二章 アルメニア高地の歴史
 1 古代アルメニアの王国と文化
 2 キリスト教の受容と文化の発展
 3 中世王朝の盛衰
 4 モンゴル帝国とキリキアのアルメニア
 5 テュルク、ペルシャ、ロシアによる支配
 6 内憂外患のオスマン帝国下で
 7 アルメニア人の民族的覚醒
第三章 第一次世界大戦とアルメニアの命運
 1 列強によるオスマン帝国分割策動
 2 ローザンヌ条約
 3 アルメニア国の命運
第四章 ジェノサイドをめぐって
 1 法廷で判明したこと
 2 テュルク史のタブー
 3 「ジェノサイド発令」から九〇年、いま問われるもの
終 章 世界のアルメニア人コミュニティ
あとがき
アルメニア史対照年表
索引

同じジャンルの本

このページのトップへ