ホーム > 韓国がわかる60の風景
韓国がわかる60の風景
本体1,600円+税
ISBN 9784750325286
判型・ページ数 B6・216ページ
出版年月日 2007/03/01

韓国がわかる60の風景

知ってるようで、じつはよく知らない国、韓国。日常的によく見かける、韓国の人々のありきたりの行動から、韓国文化の特徴や韓国的なものの見方・考え方を提示する。また日本文化との比較からその違いを浮彫りにしつつ、幅広く奥深い他者理解へと読者を誘う。
初めての渡航の記憶から
飲む――一人で一杯ひっかける
握る――男同士でも手をつなぐ
食べる――キムチはおかわりが自由である
支払う――四人で飲めば四次会
撮る――あなたもスターになれる野外撮影
謝る――友だち同士に「ゴメン」ということばはない
■写真コラム/サーカス
保つ――死んでもよいから健康でいたい
駆ける――バスを追いかけて
広がる――辛くてコクのあるチャンポン
愛する――郷土愛の裏側
待つ――コリアン・タイム
乗る――「大衆交通」は「大衆」しか利用しない
譲る――老人が席に座るのは当たり前
■写真コラム/麺類
口説く――一〇回たたいて倒れない木はない
変わる――あなたも私もミスコリア
入浴する――銭湯では前を隠さない
汲む――山からの贈り物「薬水」
伝える――家系を通じた歴史観
見栄をはる――肩書きで勝負
感情にまかせる――後のことは後で考えればよい
■写真コラム/儀礼
割り切る――汚いところは汚くてよい
値切る――値段交渉もひとつのコミュニケーション
強いる――自分にとってよいことは相手にとってもよい
規制する――殺人事件はどこに見られるか
隠す――犬肉を食べるのは野蛮か
分ける――ケーキはいつからケーキなのか
老いる――ITは老人を変えるか
■写真コラム/路傍の人々
面子を立てる――日韓か、韓日か
好む――大きいのはよいこと
わめく――大声を出せば勝ち
気にかかる――「日本といえば混浴でしょ?!」
ほめる――「うちの家内の料理は最高です」
認められる――結婚して初めて一人前
利用する――明るく取り込まれる子どもたち
■写真コラム/街角
競う――大リーグ報道にみる温度差
信じる――日本の文化の起源は「韓国」である
囲む――一緒に食べる意味は
創りだす――神話の創造
踊る――李博士のポンチャクの魅力
抗う――デモの記憶
味わう――フライドポテトをめぐる味覚の違い
■写真コラム/市場
取り繕う――自分が悪くても「たいしたことないよ」
群れる――みんな仲よく「韓国人」
主張する――日本には何をやってもよい
疑う――アナタはスパイですか
賭ける――数人集まれば……
記憶する――記念日がいっぱい
生まれ変わる――来世は誰と一緒ですか
■写真コラム/田園
急く――「即席」は大好評
ぶったくる――相乗りタクシーで値段交渉
泣く――涙は恥か
歪める――何をもって「歪曲」とするのか
たのむ――たのみごとは気軽に
開かれる――韓国は「開かれた」社会か
保存する――古本が残らない国
■写真コラム/日韓問題
取り替える――新しいものには勝てない
敬う――師匠の日
混ぜる――おいしい食べ方をめぐって
乾杯する――「コンベ(乾杯)」の登場
交わる――韓流と日本フィールのはざまで
おわりに

同じジャンルの本

このページのトップへ