ホーム > 女性弁護士の歩み
女性弁護士の歩み
本体2,600円+税
ISBN 9784750325118
判型・ページ数 A5・376ページ
出版年月日 2007/03/01

女性弁護士の歩み

3人から3000人へ

国際婦人年である1976年、日弁連両性の平等に関する委員会が創立、本書はその30周年記念の出版である。女性弁護士の歴史を貴重な資料を基にたどると共に、法曹という男社会で様々な分野をいかに切り拓いてきたか、50人に及ぶ弁護士が生き生きと語る。
発刊にあたって(日本弁護士連合会会長/平山正剛)
はじめに(日弁連両性の平等に関する委員会創立30周年記念事業実行委員会委員長/小川恭子)
序章 「男子タルコト」に決別して(角田由紀子)
第1部 ここまできた女性弁護士
 第1章 男女平等を求める法廷活動の原動力となった女性弁護士
  第1節 男女平等を求めて提訴した働く女性たち(坂本福子)
  第2節 均等法時代に(今野久子)
  第3節 離婚をめぐる女性の権利を切り拓いてきた女性弁護士たち(富岡恵美子)
  第4節 婚外子差別の違憲性を訴えて(吉岡睦子)
  第5節 養育費制度の充実をめざして(金澄道子)
  第6節 DV(ドメスティック・バイオレンス)への取組み(長谷川京子)
  第7節 セクシュアル・ハラスメントへの取組み(小島妙子)
  第8節 売春防止法をめぐる問題と女性の人権(渡辺和恵)
  第9節 性暴力事件と女性弁護士の活動(角田由紀子)
 第2章 日本の戦争責任と「従軍慰安婦」問題(大森典子・寺沢勝子)
 第3章 生活者としての視点が生きる分野での活躍
  第1節 消費者問題で活躍する女性弁護士たち
   1 食の安全を求めて(神山美智子)
   2 欠陥商品被害の救済とPL法(片山登志子)
   3 消費者取引被害の救済に取り組んで(村 千鶴子)
  第2節 公害・環境問題と女性弁護士たち(浅岡美恵)
  第3節 医療過誤訴訟と女性弁護士たち(増田聖子)
  第4節 高齢者の権利擁護と女性弁護士たち(中村順子)
 第4章 刑事分野でも活躍する女性弁護士
  1 「セクハラ」が流行語大賞に(西船橋駅正当防衛事件)(河本和子)
  2 徳島ラジオ商殺し再審事件の冨士茂子さんと女性たち(田中 薫)
  3 死刑事件の弁護人として(連合赤軍事件・連続射殺魔事件)(大谷恭子)
  4 少年事件の付添人活動で活躍する女性弁護士たち(石井小夜子)
 第5章 先進的分野での女性弁護士の活動
  1 会社法務の現状と女性弁護士の未来(相澤光江)
  2 知的財産法をめぐる分野での女性弁護士の活躍(松尾和子)
第2部 法廷内外に活躍の場を拡げていった女性弁護士たち 
 第1章 拡がる女性弁護士の活動の場
  第1節 法廷外での女性弁護士たちの活動が生み出したもの(目々澤富子)
  第2節 女性弁護士から政治家への進出
   1 女性弁護士で最初の国会議員として(佐々木静子)
   2 立法の現場に立って(大脇雅子)
   3 弁護士から芦屋市長への転身と阪神淡路大震災(北村春江)
  第3節 公的分野でも活躍を始めた女性弁護士
   1 横浜初の女性会長を経て、各種審議会委員に(横溝正子)
   2 司法研修所初の女性民事弁護教官として(曽田多賀)
  第4節 企業内の女性弁護士(インハウスローヤー)(片岡詳子)
  第5節 海外で外国人とともに仕事をして(伊藤和子)
  第6節 女性の弁護士と女性の裁判官(渡辺智子)
 第2章 各地で、道を切り拓いてきた女性弁護士たち
  1 「DN」とは何か?――釧路で多重債務問題に取り組む(今 瞭美)
  2 紋別での日弁連初の公設事務所女性所長の経験(松本三加)
  3 「鶴岡灯油裁判」が人生を変えた(脇山淑子)
  4 東弁の少年委活動が生んだ、子どものための初の民間シェルター(坪井節子)
  5 金沢初の女性弁護士が取り組んだ女権委員会初の人権シンポ(畠山美智子)
  6 京都初の女性弁護士会長として(久米弘子)
  7 調停委員になれない?――神戸の外国籍女性弁護士として(梁 英 子)
  8 島根初の女性弁護士は、弁護士会会長を経て法科大学院教授に(岡崎由美子)
  9 福岡初の女性だけの協同事務所からの体験(辻本育子)
  10 地球上のすべての人たちのかけがえのない人権を守るために(土井香苗)
 第3章 弁護士会の中での男女平等を求めて(大国和江)
第3部 日弁連両性の平等に関する委員会30年の歩み 
 第1章 日弁連に女性の権利に関する委員会が生まれるまで(坂本福子)
 第2章 委員会発足に加わった弁護士たち
  1 女性の権利に関する委員会第2代委員長として(相磯まつ江)
  2 男性委員の参加とその影響(神谷咸吉郎)
 第3章 30年間の委員会のおもな活動
  第1節 国内での活動(菅沼友子・今野久子)
  第2節 国際的活動への参加(安藤ヨイ子・寺沢勝子)
第4部 資料編 
 1 女性弁護士に関する統計資料
 2 女性の権利、両性の平等に関する弁護士会・弁護士の取組み(年表)(海老原夕美)
あとがき(日弁連両性の平等に関する委員会副委員長/角田由紀子)

同じジャンルの本

このページのトップへ