ホーム > 産業集積の構造と地域振興政策
産業集積の構造と地域振興政策
本体4,800円+税
ISBN 9784750324999
判型・ページ数 A5・296ページ
出版年月日 2007/02/01

産業集積の構造と地域振興政策

地域振興のためにその産業政策はいかにあるべきか? また実際どのように実施されてきたのか? 調査対象を関西大都市圏に、その成否を多年にわたって実証的に検討したケーススタディ集。
はじめに
第1章 産業集積に関する理論と産業立地政策
 1.地域中小企業集団論(地全協)
 2.地場産業・伝統的工芸品産業
 3.産業集積の諸類型(中小企業白書)
 4.産業団地論(W. Bredo)
 5.コンビナート論
 6.国土総合開発計画の推移
 7.産業立地政策の推移
第2章 大阪サンダル産業の実証的研究
 1.大都市製造業の特化度
 2.全国の履物産業(とくにサンダル製造業)の動向
 3.大阪サンダル製造業の沿革と競合産地の動向
 4.大阪サンダル製造業の実態調査結果の分析
第3章 大都市住工混在地域の再開発と中小零細企業──大阪府豊中市庄内地域
 1.豊中市庄内地域における再開発の必要性
 2.豊中市庄内地域の企業構成
 3.住工混在地域の再開発と中小工場の集約化
 4.大都市における小零細企業の増加とその問題性
 5.豊中市庄内南部地域製造業実態調査の方法
 6.豊中市庄内南部地域製造業の立地条件と経営者の意識
 7.要約と提言──庄内地域再開発のための工場「集約化」の可能性と条件
第4章 絹織物産地における産業構造調整──丹後機業を中心として
 1.絹織物業をとりまく経営環境の変化
 2.丹後織物産地の最近の動向
 3.丹後織物業(後染)の生産構造
 4.西陣機業の空洞化と丹後への分散化
 5.丹後における賃織業者の実態
 6.『繊維産業ビジョン』と賃加工生産形態
第5章 絹織物産地の再構築──滋賀県長浜産地を中心として
 1.絹の需給構造の変化
 2.絹織物産地の概況──全国・丹後・西陣
 3.長浜産地の生産構造と経営実態──過去の「産地診断」より
 4.長浜産地の再構築のための課題
第6章 大阪府南部の融合型クラスター──テクノステージ和泉を中心として
 1.地方自治体支援型産業団地──テクノステージ和泉
 2.テクノステージ和泉の企業実態調査
 3.テクノステージ和泉を支援する公的機関
 4.むすび──先端産業と在来産業の融合型クラスターを提案する
第7章 衛星都市・枚方市の産業集積の変化と生活環境史
 1.大阪府枚方市の概況
 2.戦前期の枚方市の産業集積の推移
 3.第2次大戦後の枚方市の産業集積の変化
 4.中小企業団地の形成
 5.枚方市の生活環境史
 6.民間企業・商工団体のリサイクル推進活動
 7.枚方市における公害対策から生活環境保全政策への転換
あとがき
著者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ