ホーム > 来たるべきデリダ
来たるべきデリダ
本体2,800円+税
ISBN 9784750324920
判型・ページ数 4-6・352ページ
出版年月日 2007/03/01

来たるべきデリダ

連続講演「追悼デリダ」の記録

哲学思想のみならず現代社会のあらゆる領域に根源的な影響を及ぼした思想家、ジャック・デリダ。その思想の可能性を、世界で考えられる限り最良の思想家たちが縦横無尽に論じた決定的デリダ論。05年5月ロンドン大学での講演原稿を独自編集・日本先行出版。
デリダの追悼文 C・ドゥージナス
1 最小限差異 
 ジャック・デリダへのオマージュ A・バディウ
 差延への回帰の請願(マイナーな「自分の家のために」をともなって) S・ジジェク
2 単独的普遍性
 民主主義は何かを意味するのか J・ランシエール
 〈普遍的なもの〉の構築と脱構築――ジャック・デリダの感覚的確信 E・バリバール
 マッド・デリダ――思考と狂気の事実そのものから J-L・ナンシー
3 他なるもの
 ジャック・デリダへの謝辞に向けたノート G・C・スピヴァク
 デリダ――未来の贈り物 D・コーネル
 レイト・デリダ J・ヒリス・ミラー
監訳者あとがき デリダの幽霊奇譚

同じジャンルの本

このページのトップへ