ホーム > アフリカのろう者と手話の歴史
アフリカのろう者と手話の歴史
本体2,800円+税
ISBN 9784750324708
判型・ページ数 A5・256ページ
出版年月日 2006/12/01

アフリカのろう者と手話の歴史

A・J・フォスターの「王国」を訪ねて

アフリカのろう者と手話言語の概要を紹介しつつ、アンドリュー・フォスターという、一人の黒人ろう者と、彼が設立しアフリカの広い範囲でろう教育事業を営んだキリスト教団体に注目しながら、ろう者コミュニティの動態史を描く。
はじめに
 用語と表記について
第1章 アフリカのろう者と手話言語
 1 ろう者たちのアフリカ
 2 アフリカの手話言語
 3 アフリカにもたらされた外来手話言語
 4 アメリカ手話をめぐる三つの謎
 5 ろう者コミュニティのフィールドワークへ
第2章 アフリカろう教育の父フォスター
 1 ろう者のヒーロー、アンドリュー・フォスター
 2 アンドリュー・フォスターの生涯
 3 ベルタ・フォスターの半生
 4 フォスターの人物像をめぐって
第3章 ろう者のミッションの半世紀
 1 世界最大級のろう教育事業
 2 CMDの三つの時代区分
 3 フォスターのトータル・コミュニケーション
 4 ろう者たちの教員研修
 5 ろう者の都イバダン
第4章 フォスターの遺産
 1 フォスターの急死と事業の転換
 2 弟子たちのその後
 3 フランコ・アフリカ手話の誕生
 4 ろう者たちのキリスト教会
 5 フォスター伝説――手話に刻まれた歴史
第5章 ろう者の大事業から学べること
 1 なぜCMDは成功したのか
 2 ろう者観の転換へ――文化人類学のために
 3 手話言語集団の効果――ろう教育のために
 4 エンパワーメントと言語的自由――開発政策のために
 5 はてしない言語抗争の末に――歴史法則の解明に向けて
 6 結語
[コラム]ろう者コミュニティデータファイル
 (1)ガーナ共和国
 (2)ナイジェリア連邦共和国
 (3)ベナン共和国
 (4)カメルーン共和国
 (5)ガボン共和国
本文注
おわりに――「アフリカろう者の王国史」を書く
巻末資料
 第七回世界ろう者会議講演「ろうの社会的側面――学齢期」
  (アンドリュー・J・フォスター/亀井伸孝訳)
 フォスターの教育思想を読み解く――フォスター講演解説
 アフリカろう者の言語・文化・歴史を学ぶ小事典
 関連年表
 CMDが設立したろう学校/ろう者キリスト教センター一覧
文献一覧
索引

同じジャンルの本

このページのトップへ