ホーム > 現代の理論 06秋[Vol.9]
現代の理論 06秋[Vol.9]
本体1,143円+税
ISBN 9784750324210
判型・ページ数 A5・224ページ
出版年月日 2006/10/01

現代の理論 06秋[Vol.9]

特集 地方の再生は可能か

三位一体の改革、道州制の導入…。華々しいかけ声が飛び交う地方自治「改革」のなかで進行する実態とは。地方の現実を指す、今日誕生した新たなことばは「シャッター通り商店街」や「平成の大合併」。再生の未来は、「改革」の先にあるのか、別の道にあるのか。

特集のことば
特集【地方の再生は可能か】
 分権推進――地方自治体に求められるもの(新藤宗幸/千葉大学教授)
 「新しい市民社会」の構築をめざして(澤井勝/奈良女子大学名誉教授)
 分権改革六年――その可能性を検証する(田嶋義介/島根県立大学教授)
 米軍再編と沖縄 新たな自治体の苦悩(知念清張/沖縄タイムス記者)
 平成大合併は終わったか(小原隆治/成蹊大学教授)
 団塊の世代と地方自治(岩崎恭典/四日市大学教授・小林慶太郎/四日市大学助教授)
 地方は何故衰退するのか(橘川俊忠/神奈川大学教授)
 中越地震被災地再生の課題と活動(星野修美/新潟県魚沼市在住)
 地域自治区と住民自治の行方(佐藤忠治/住民自治と合併問題を考える会)
[深層]
 安倍極右政権はどこへ(山田勝/本誌編集委員)
[文化時評]
 ジダンの頭突きと本質論を回避する日本人(陣野俊史/批評家)
[メディア時評]
 テレビは死んだか(喜多村俊樹/ジャーナリスト)
[発信]
 「オーマイニュース」日本で発進!(青木理/ジャーナリスト)
[警世閑話]
 若い人々に語り伝えたい(西田照見/立正大学名誉教授)
[現代と思想家]
 中江兆民(大竹政一/政治アナリスト)
[この一冊]
 『無防備地域運動の源流』池田眞紀・古川純他編著(高田健/許すな! 憲法改悪市民連絡会)
 『慰霊と招魂』村上重良著(今井勇/筑波大学大学院)

 中国の農村改革の現場から(叶芳和/評論家)
 東アジア共同体をめぐる三つの論点(蜂谷隆/衆議院議員政策秘書)
 憲法改正国民投票法案(内藤光時/専修大学教授)
 国家に戦没者追悼の資格は無い(千本秀樹/筑波大学教授)
 ついに分裂「新しい歴史教科書をつくる会」(高鳴伸欣/琉球大学教授)
 スターリン批判と日本の左翼知識人(富田武/成蹊大学教授)
[連載]松田政男が語る戦後思想の10人(第2回)
 埴谷雄高の「永久革命」と花田清輝の「前衛芸術」(聞き手:平沢剛・矢部史郎)
07新春号(VOL.10)の予告
編集後記

同じジャンルの本

このページのトップへ