ホーム > 里親と子ども Vol.1
里親と子ども Vol.1
本体1,500円+税
ISBN 9784750324081
判型・ページ数 A5・136ページ
出版年月日 2006/10/01

里親と子ども Vol.1

特集 里親への初期研修

「里親制度・里親養育とその関連領域」に関する専門誌。里親のみならず、施設関係者、保健医療関係者、教育・保育など幅広い領域の方々に向けて、学術的な内容をわかりやすい形で提供していく。創刊号の特集は、実践的なモデル案のついた“里親への初期研修”。

特集 里親への初期研修
 里親研修の現状と課題(庄司順一)
 研修のすすめ方(小山 修)
 登録までの里親制度の説明と研修――社会的養護としての里親制度(鈴木祐子)
 新規登録里親研修に求められる4つの機能(宮島 清)
 家庭養護促進協会における子どもを迎えるまでの研修や取り組み(米沢普子)
 里親からみた研修への要望や課題(木ノ内博道)
 オーストラリアのある里親援助機関の初期研修プログラム(庄司順一)
  ――ベリーストリート・ヴィクトリアの‘CARE’プログラム
 フランスの里親研修(菊池 緑)
 東京都における新規登録研修の考え方とプログラム(福山雅史)
 神奈川県における初期研修の考え方とプログラム(齋藤憲磁)
 里親への初期研修の実態(調査報告)(澁谷昌史・庄司順一・小山 修・妹尾洋之・有村大士・大和田夏美)
里親初期研修モデル案(里親初期研修検討会)
 A 里親制度の概要/B 里親養育の基礎知識/C 児童相談所およびその他の関係機関/D 里親会/E 研修と支援/F 里親のもとにくる子ども/G 子どもの発達/H 子どもとの関係づくり/I 児童虐待について/J グループ討議
【エッセイ】
 ある里親のモノローグ(木ノ内博道)
 里親研修の体系化(西川公明)
 里親制度への期待と里親制度の課題(奥山眞紀子)
 里親的グループホームへの期待(網野武博)
【Book Review】
 ロジャー・グッドマン著/津崎哲雄訳『日本の児童養護』(柏女霊峰)
 和泉広恵著『里親とは何か』(坂本和子)
海外文献紹介/トピックス/編集後記
資料▼里親家庭への保護を要する子どもの委託の促進について

このページのトップへ