ホーム > こころとことば
こころとことば
本体1,800円+税
ISBN 9784750323978
判型・ページ数 4-6・168ページ
出版年月日 2006/09/01

こころとことば

こころで思ったことを人に伝えるために使うことば。人間の心の働きとことばはどのような関係にあるのか。三浦言語論によりその合理的な関係性がここに明らかにされる。三浦つとむ氏亡き後も生き続ける彼のことばと哲学。明石書店新装版。
1 絵から文字ことばへ
2 社会的な約束のいろいろ
3 ことばの意味
4 花ことば
5 断定のことば
6 単語・畳語・熟語
7 もう一人の自分(その一)
8 もう一人の自分(その二)
9 もう一人の自分(その三)
10 もう一人の自分(その四)
11 もう一人の自分(その五)
12 打消のことば
13 過去の回想と未来の推量
14 もう一人の自分との対話
15 二重うつし
16 「が」と「は」の使いわけ
17 〈助詞〉と〈格助詞〉
18 ことばの省略(その一)
19 ことばの省略(その二)
20 〈固有名詞〉と〈抽象名詞〉
21 「のだ」「ので」「のに」
22 日本の紋章
23 ヨーロッパ的な紋章
24 〈代名詞〉の特徴
25 記号と文字ことばのちがい
26 〈形容詞〉と〈動詞〉の使いわけ
27 〈抽象動詞〉の特別な使いかた
28 〈助動詞〉の性格
29 〈副詞〉の性格
30 〈接頭語〉のいろいろ
31 〈接尾語〉のいろいろ
32 文と文をつなぐことば
33 女性のことばの使いかた
34 カギを使わない会話
35 私とことばの研究(その一)
36 私とことばの研究(その二)
37 私とことばの研究(その三)
復刊によせて(横須賀 壽子)

同じジャンルの本

このページのトップへ