ホーム > お芝居から生まれた子どもシェルター
お芝居から生まれた子どもシェルター
本体1,600円+税
ISBN 9784750323145
判型・ページ数 4-6・228ページ
出版年月日 2006/07/01

お芝居から生まれた子どもシェルター

ひとりぼっちじゃないよ

子どもと弁護士がつくるお芝居「もがれた翼」は夢をつむぎ、傷ついた思春期の子どもの避難場所「カリヨン子どもの家」を誕生させた。その感動の記録。子どもとおとなのパートナーシップや子どもの人権について若者たちとともに学ぶテキストとしても最適。

1章 傷ついた思春期の子どもたち[坪井節子]
 1 傷ついた子どもたちといっしょに歩いていこう
 2 行き場を失った思春期の子どもたち
 3 傷ついた子どもが安心して寝泊まりできる居場所を
 4 海外の総合的子ども支援のとりくみに学ぶ
2章 カリヨン子どもセンターの誕生[坪井節子]
 1 子どもたちと弁護士がつくるお芝居「もがれた翼」
 2 夢をつむぐお芝居が現実を動かす
 3 お芝居から生まれた子どもシェルター・カリヨン子どもの家
 4 一人ひとりの歩みに寄り添うカリヨン子どもの家
 5 ほんとうに子どもが参加するお芝居づくりへ
3章 いっしょに考えよう 子どもの権利
 1 「子どもの人権」ってなに?[坪井節子]
 2 警察につかまっちゃった…(少年事件)[馬渕泰至]
 3 無断外泊で退学?!(学校問題)[西田美樹・武藤 暁]
 4 これってギャクタイ?!(親子関係)[掛川亜季]
4章 子どもとおとなの共同の芝居づくり[久保田邦明]
 1 弁護士さんたちと私たち高校演劇部との出会い
 2 ふれあいと演劇的学びの場ワークショップ
 3 子どもとおとなの関係はどう変わったか
 4 もがれた翼「パート12」が生まれる舞台裏
 5 高校演劇と「もがれた翼」、これまで・これから
5章 もがれた翼パート12「ひとりぼっち」稽古場日記[坪井花梨]
 稽古場インタビュー 1[徳生 葵・徳生 舞]
 稽古場インタビュー 2[村田綾香・高橋朋子]
 稽古場インタビュー 3[冨沢竜也]
6章 子どもとおとなのパートナーシップ[坪井節子]
 1 子どもとおとなが対等に生きるお芝居「もがれた翼」
 2 改めて子どもの人権を考える
 3 憲法と同じ価値・子どもの人権保障の法的根拠、子どもの権利条約
 4 おとなも子どもも変えることが必要な子どもの人権への考え方
 5 子どもとおとなの対等かつ全面的なパートナーシップ、リヤドガイドライン
 6 対等なパートナーシップを生み出した芝居づくり
 7 自立援助ホームの実現とカリヨン子どもセンターのこれから
7章 子どもたちと弁護士がつくるお芝居「もがれた翼」メモリー
あとがき[三坂彰彦]

●紹介 子どもの人権110番
    カリヨン子どもセンター
    東京弁護士会

このページのトップへ