ホーム > OECDコーポレート・ガバナンス
OECDコーポレート・ガバナンス
本体3,800円+税
ISBN 9784750322803
判型・ページ数 A5・256ページ
出版年月日 2006/02/01

OECDコーポレート・ガバナンス

改定OECD原則の分析と評価

企業経営に大きな影響を与えるOECDコーポレート・ガバナンス原則。2004年に改定された同原則に関し、改定作業に関わった専門家を含む第一線の研究者・実務家がその変更点・背景・日本への影響等を検証。OECD上級事務官へのインタビューを巻末に収録。
巻頭のことば[落合誠一]
 〈はじめに〉OECD原則と日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム[荻野博司]
パート1 原則改定の背景
 1 OECDとコーポレート・ガバナンス[川村泰久]
 2 国境を越えたコーポレート・ガバナンス改革[関孝哉]
 3 企業の社会的責任(CSR)と新原則[出見世信之]
パート2 OECDコーポレート・ガバナンス原則(全訳)
 序文
 謝辞
 OECDコーポレート・ガバナンス原則
 前文
 第一部 OECDコーポレート・ガバナンス原則
  1.有効なコーポレート・ガバナンスの枠組みの基礎の確保
  2.株主の権利及び主要な持分機能
  3.株主の平等な取扱い
  4.コーポレート・ガバナンスにおけるステークホルダー(利害関係者)の役割
  5.開示及び透明性
  6.取締役会の責任
 第二部 OECDコーポレート・ガバナンス原則への注釈
  1.有効なコーポレート・ガバナンスの枠組みの基礎の確保
  2.株主の権利及び主要な持分機能
  3.株主の平等な取扱い
  4.コーポレート・ガバナンスにおけるステークホルダー(利害関係者)の役割
  5.開示及び透明性
  6.取締役会の責任
パート3 論点
〈論点〉有効なコーポレート・ガバナンスの枠組みの基礎の確保
 1 コーポレート・ガバナンス論の広がり[浅井淳子]
 2 非加盟国(アウトリーチ)との相互関係[鵜澤昭彦]
〈論点〉株主の権利及び主要な持分機能
 3 機関投資家の位置付け[鹿毛雄二]
 〈論点〉株主の平等な取扱い
 4 カルパースの投資活動と株主の平等な権利[酒井雷太]
〈論点〉コーポレート・ガバナンスにおけるステークホルダーの役割
 5 ステークホルダーの位置付け[山崎明美]
 6 金融機関の監督と外部監査人の役割[越智信仁]
 7 従業員への報酬制度[加藤輝宏]
〈論点〉開示及び透明性
 8 経営者報酬[篠崎隆]
 9 証券市場とコーポレート・ガバナンス[清原健]
   ――ディスクロージャーと透明性の確保の意義
 10 資本市場における格付け会社の役割[小山明宏]
〈論点〉取締役会の責任
 11 アカウンタビリティ(説明責任)のあり方[柏木薫]
 12 取締役会の機能と責任[永井秀哉]
 13 監査制度の位置付け[木村忠夫]
パート4 インタビュー
〈グラント・カークパトリック氏、油布志行氏に聞く〉
 OECD新原則の意義とその狙い

同じジャンルの本

このページのトップへ