ホーム > 北朝鮮を知るための51章
北朝鮮を知るための51章
本体2,000円+税
ISBN 9784750322643
判型・ページ数 4-6・288ページ
出版年月日 2006/02/01

北朝鮮を知るための51章

金日成・金正日、核・拉致問題ばかりがクローズアップされる北朝鮮。本書では政治や国家の歴史のほか、人々の暮らしや基本的な経済構造、映画・スポーツなど文化も取り上げ、今後の対北朝鮮政策のあり方を探る。北朝鮮の多角的・総合的な理解に最適の入門書。

 はじめに

1.北朝鮮を理解するために
 第1章 なぜ朝鮮半島では冷戦が続くのか――朝鮮戦争は終わっていない
 第2章 九〇年代核危機はなぜ起こったのか――存亡をかけた対米外交
 第3章 北朝鮮は「何をするかわからない」国なのか――核とミサイルの意味
 第4章 北朝鮮はじきに崩壊するのか――困難と統合の相関関係
 第5章 米朝の妥協は可能か――再度の危機から六者協議へ

2.北朝鮮国家の成立
 第6章 分割占領から二つの政権へ――分断の始まり
 第7章 朝鮮戦争と分断固定化の政治過程――内戦から国際戦争へ
 第8章 国家社会主義の成立――単独政権樹立の過程
 第9章 中ソ対立と苦い教訓――自主路線の選択
 第10章 権力の集中と継承――キム・イルソンからキム・ジョンイルへ

3.北朝鮮の政治のしくみ
 第11章 すべての権威はキム・イルソンから――統治原理としての主体思想
 第12章 先軍政治から先軍思想へ――キム・ジョンイル時代の政治指針
 第13章 北朝鮮の政治機構――立法・行政・司法
 第14章 政治の中核、朝鮮労働党――国家を指導する存在
 第15章 朝鮮人民軍と軍事戦略――注目される軍の役割

4.北朝鮮の経済
 第16章 地理と自然――変化に富んだ気候と豊かな天然資源
 第17章 人口動向と構成――低成長率への人口転換
 第18章 基本的経済システム――社会主義体制による計画的管理
 第19章 工業化の推進――重工業の優先的成長戦略
 第20章 営農方法の社会主義的変遷と模索――集団的経営と農民へのインセンティブ問題
 第21章 社会主義圏の崩壊と経済の破綻――工業の低迷と相次ぐ自然災害
 第22章 経済改革――7・1改革措置
 第23章 改革の定着過程――経営努力と労働意欲の向上
 第24章 自由市場の広がり――限定的な農民市場から常設的な総合市場への移行

5.北朝鮮の社会と人々の暮らし
 第25章 食糧事情――配給事情と家計負担
 第26章 IT事情――科学重視政策の台頭
 第27章 住居と交通機関――庶民の生活インフラ
 第28章 メディア――主要新聞、雑誌、テレビ
 第29章 教育システム――11年制義務教育の普及
 第30章 環境問題――公害問題の認識と対策

6.北朝鮮の文化
 第31章 北朝鮮の文学――パルチザン神話から現実課題克服の模索へ
 第32章 スローガンとしての音楽――革命闘争と体制賛美
 第33章 北朝鮮の映画状況――教化の道具から上からの娯楽へ
 第34章 朝鮮画――伝統の創造
 第35章 スポーツ事情――南北関係と国内情勢を反映

7.北朝鮮をめぐる課題
 第36章 南北統一に向けて――まずは平和定着がカナメ
 第37章 休戦を平和へ――非核化・軍縮の課題
 第38章 離散家族再会と対外開放――着実な枠の拡大が急務
 第39章 「脱北者」と国内人権問題――北朝鮮内部の変化が重要
 第40章 ポストキム・ジョンイルの行方――北朝鮮の人々が切り開く未来

8.日朝関係と日本の選択
 第41章 一九八〇年代までの日朝関係――日朝交渉への道のり
 第42章 日朝交渉の経過――非核化・軍縮の課題
 第43章 日朝交渉と日韓会談、日中国交を比較して――「過去」は清算されたのか?
 第44章 拉致問題とその背景――日朝首脳会談以前
 第45章 拉致問題の過程――日朝首脳会談以後
 第46章 日朝首脳会談の成果――日朝平壌宣言の調印
 第47章 「帰国問題」――さまざまな意味と真相
 第48章 朝鮮総連――その歴史と現実
 第49章 在日朝鮮人の地位と権利――日朝交渉で再考されるべきこと
 第50章 日本における人道支援・交流運動――逆境の中で
 第51章 日本がなすべき選択――東北アジアの平和な未来のために

 北朝鮮を知るためのブックガイド
 『北朝鮮を知るための51章』関連略年表

同じジャンルの本

このページのトップへ