ホーム > バーミヤーン遺跡の歴史と保存
バーミヤーン遺跡の歴史と保存
本体6,800円+税
ISBN 9784750322360
判型・ページ数 A4・184ページ
出版年月日 2005/12/01

バーミヤーン遺跡の歴史と保存

国際シンポジウム「世界遺産バーミヤーン遺跡を守る」

2004年12月21日の国際シンポジウムの報告書。講演では具体的な作業内容や最新の研究成果を紹介し、パネルディスカッションでは保存修復の技術的問題等が議論され、今後の国際協力事業の指標を示すと共に、バーミヤーンの現状を伝える一冊。日英版合本。
アフガニスタン文化遺産調査資料集の刊行にあたって
 鈴木規夫(独立行政法人文化財研究所理事長)
謝 辞
 青木繁夫(東京文化財研究所国際文化財保存修復協力センター長)
プログラム
 挨 拶 鈴木規夫(東京文化財研究所長)
     河合隼雄(文化庁長官)
     グラームラスウール・ユースフザイ(アフガニスタン・イスラーム移行政権情報文化副大臣)
 基調講演 平山郁夫(東京藝術大学長)
      バーミヤーン遺跡の思い出
 講演1 アブドゥルワーセ・フェーローズィー(アフガニスタン・イスラーム移行政権情報文化省文化遺産局長)
     アフガニスタンの文化遺産とその保護
 講演2 前田耕作(東京文化財研究所客員研究員)
     バーミヤーン遺跡とその歴史
 講演3 クリスティアン・マンハート(ユネスコ文化遺産局 企画専門官)
     ユネスコのバーミヤーン遺跡保存に対する取り組み
 講演4 クラウディオ・マルゴッティーニ(イタリア モデナ大学教授)
     バーミヤーン遺跡における大仏龕の保存と補強について
 講演5 山内和也(東京文化財研究所国際文化財保存修復協力センター地域環境研究室長)
     バーミヤーン遺跡の保護に対する日本の貢献
 講演6 マイケル・ペツェット(ドイツ 国際記念物遺跡会議[ICOMOS]会長)
     イコモスによる大仏の破片の保存について
 講演7 ゼマルヤライ・タルズィー(フランス ストラスブール大学教授)
     フランス隊によるバーミヤーン遺跡の発掘調査:その最新の成果
 パネルディスカッション
  過去の遺産から未来の遺産へ――バーミヤーン遺跡の復興に向けて――
   司会:稲葉信子(東京文化財研究所国際文化財保存修復協力センター企画情報研究室長)
   パネリスト:
   ネサールアリー・ネサール、マイケル・ペツェット、前田耕作、アブドゥルワーセ・フェーローズィー、ゼマルヤライ・タルズィー、クリスティアン・マンハート
司会・講演者紹介
付録:提言

Regarding the Publication of Recent Cultural Heritage Issues in Afghanistan
 Mr Norio SUZUKI (President, Independent Administrative Institution, National Reseach Institution for Cultural Properties, Japan)
ACKNOWLEDGEMENT Prof. Shigeo AOKI (Director, Japan Center for International Cooperation in Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Japan)
PROGRAMME
OPENING REMARKS
 Mr Norio SUZUKI (Director-General, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo)
 Prof. Hayao KAWAI (Commissioner, Agency for Cultural Affairs, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)
 Mr Ghulam-Rasoul YUSUFZAI (Deputy Minister of Information and Culture, Transitional Islamic State of Afghanistan)
PLENARY LECTURE
 Prof. Ikuo HIRAYAMA (President, Tokyo National University of Fine Arts and Music)
 Memory of the Bamiyan Site
LECTURES 1 Mr Abdul-Wasey FEROOZI (Director, Department of Cultural Heritage, Ministry of Information and Culture, Transitional Islamic State of Afghanistan)
 The Impact of War upon Afghanistan’s Cultural Heritage and its Protection
LECTURES 2 Prof. Kosaku MAEDA (Visiting Researcher, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo)
 History of the Bamiyan site
LECTURES 3 Mr Christian MANHART (Programme Specialist, Division of Cultural Heritage, UNESCO)
 UNESCO’s Mandate and Activities for the Rehabilitation of Bamiyan
LECTURES 4 Prof. Claudio MARGOTTINI (University of Modena and Reggio Emilia)
 Enforcement and Geo-mechanical Problems for the Conservation of the Niches of Bamiyan Buddhas
LECTURES 5 Mr Kazuya YAMAUCHI (Head, Regional Environmental Section, Japan Center for International Cooperation in Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo)
 Japanese Contribution towards the Safeguarding of the Bamiyan Site
LECTURES 6 Prof. Michael PETZET (President, International Council on Monuments and Sites [ICOMOS], International)
 ICOMOS’s Concept and Measures to Safeguard the Remains of the Bamiyan Buddhas
LECTURES 7 Prof. Zemaryalai TARZI (Marc Bloch University of Strasbourg)
 Recent Archaeological Investigation of the French Team at the Bamiyan Site
PANEL DISCUSSION
 From Past Heritage to Future Heritage: Towards the preservation of the Bamiyan site
 Chair: Dr Nobuko INABA (Head, Project Planning/Conservation Systems Section, Japan Center for International Cooperation in Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo)
 Panelists: Mr NESAR, Prof. PETZET, Prof. MAEDA, Mr FEROOZI, Prof. TARZI and Mr MANHART
CHAIRS AND SPEAKERS
APPENDIX: Recommendations

同じジャンルの本

このページのトップへ