ホーム > Q&A DVってなに?
Q&A DVってなに?
本体1,500円+税
ISBN 9784750322049
判型・ページ数 A5・176ページ
出版年月日 2005/10/01

Q&A DVってなに?

この1冊でドメスティック・バイオレンスまるわかり

DV防止法が施行されてもいまだ減らない被害の実態。本書は民間相談機関の専門家とDV事件を多く手がけている第一線の弁護士が、31のQ&Aで当事者、中でも若い女性が特に必要としている情報を提供する。相談機関や関連書籍も多数収録。
はじめに
第1章 DVって本当はどんなこと?
 Q1 人権とは何ですか? 日常生活の中で、どのように自分の人権を守ることができますか?
 Q2 ドメスティック・バイオレンス(DV)とは何ですか?
 Q3 ドメスティック・バイオレンス(DV)は本当に身近な問題ですか? 私にも関係があるのでしょうか?
 Q4 精神的な暴力は分かりにくいのですが、具体的にどういうものですか?
 Q5 DVの原因は何ですか? 私が変われば暴力はおさまりますか?
 Q6 DVの被害に遭っているかどうか、どうしたら分かりますか?
 Q7 DVの被害に遭わないために何ができますか?
第2章 このまま彼と付き合っても大丈夫?
 Q8 DV加害者は病気なのでしょうか?
 Q9 彼と別れたくないのですが、DVをやめさせることはできますか?
 Q10 彼が「暴力をやめるためにカウンセリングに行く」と言っています。カウンセリングでDVはおさまるでしょうか?
 Q11 暴力的な彼と付き合っていると、私にはどんな影響がありますか?
 Q12 暴力的な彼と別れようと思います。どんな点に注意したらよいでしょうか?
 Q13 婚約してから、不安になってきました。これがマリッジブルーなのか、それともDVの被害に遭っているのか、どうしたら分かりますか?
 Q14 結婚して子どもが生まれたら、彼のDVはおさまりますか?
 Q15 私は未成年者(20歳未満)です。彼のDVについて誰かに相談したいのですが、親や先生に話したくありません。どうしたらよいでしょうか?
第3章 どんなサポートがあるのかしら?
 Q16 DVの加害者であるパートナーと別居したいと思います。どんな選択肢があるでしょうか?
 Q17 DVの加害者であるパートナーと別れたあと、どんな点に注意したらよいでしょうか?
 Q18 民間の支援団体に相談したいのですが、どこへ行けばよいでしょうか?
 Q19 民間の支援団体はどんなサポートをしてくれるのでしょうか?
 Q20 二次被害とは何ですか? どんな場面で起こるのでしょうか?
第4章 心のケアはどうしたらいいの?
 Q21 DVの被害が原因で病気になることはありますか? 精神科に行ったほうがよいのでしょうか?
 Q22 避難して安全な環境になったはずなのに、どんどん体調が悪くなります。どうしたらよいでしょうか?
 Q23 男性と付き合うのが怖くなり、人とかかわるのもいやになりました。どうしたらよいでしょうか?
 Q24 自助グループとはどんなものですか? 参加すると、どんな効果がありますか?
第5章 法律面ではどうなのかしら?
 Q25 DVの加害者であるパートナーから安全に逃れる方法はありますか?
 Q26 経済的に困難な状況の場合、弁護士に依頼するためにはどうしたらよいでしょうか?
 Q27 DVについて、弁護士や調停委員に分かってもらうにはどうしたらよいでしょうか?
 Q28 体調が悪く、調停や裁判の準備が難しい状況です。どうしたらよいでしょうか?
第6章 私にできることって、どんなこと?
 Q29 二次被害に遭わないために何ができますか? 二次被害に遭ったら、どうしたらよいでしょうか?
 Q30 自分の体験を社会に還元したいと思います。被害当事者としての体験を活かして社会参加することはできるでしょうか?
 Q31 私は被害当事者ではありませんが、ボランティア団体を支援したいと思っています。何ができるでしょうか?
巻末資料
 ■配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律
 ■都道府県庁所在地リスト
 ■都道府県別女性センター相談窓口
 ■全国弁護士会リスト
 ■全国行政苦情110番
 ■法律扶助協会
 ■女性の人権ホットライン
 ■参考文献1
 ■参考文献2
おわりに
執筆者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ