ホーム > 教育者のための障害者福祉論
教育者のための障害者福祉論
本体2,300円+税
ISBN 9784750321707
判型・ページ数 4-6・272ページ
出版年月日 2005/09/01

教育者のための障害者福祉論

教育関係者に必要とされる障害者福祉の理念、障害者(児)と社会をとりまく現状などを、具体例を取り上げながら解説。経験に基づいた説得力のある解説で、実際に生徒指導などに役立つ実践的障害者福祉論。

 はじめに

第1章 障害児(者)福祉の理念
 1 民主化への道程(みちのり)と社会福祉(障害者福祉)理念の形成[星野貞一郎]
 2 現代社会における人権の国際化と障害児(者)福祉の理念[星野貞一郎]
 3 地域福祉重視の理念[八重樫幸雄]

第2章 日本の障害児(者)福祉の歩み――現状と今後[依田晶男]
 1 日本の障害者福祉の歩み
 2 今後の課題

第3章 新しく変わる障害児(者)福祉[大久保常明]
 1 障害者自立支援法のめざすもの
 2 新たな障害者福祉制度
 3 今後の課題

第4章 障害児(者)の理解[清野佶成]
 1 障害とは
 2 障害児(者)理解は共生から

第5章 海外の障害児(者)福祉の現状――デンマークの実例[松本美代子]
 1 ノーマライゼーションと福祉制度の変遷
 2 デンマーク人が大切にする民主主義と個人主義
 3 「平等」と「均衡」
 4 デンマークの障害児(者)福祉
 5 障害児(者)施設見学報告
 6 まとめ

第6章 障害児(者)と福祉施設[加藤博臣]
 1 福祉施設の沿革と現状
 2 法と制度
 3 利用制度と自己負担
 4 苦情解決

第7章 障害児(者)の教育
 1 現在の特殊教育[清野佶成]
 2 特別支援教育[山本昌邦]

第8章 障害児(者)と学校・社会
 1 いじめ、不登校など――障害児(者)と学校[清野佶成]
 2 障害児(者)と社会[加藤博臣]

第9章 障害児(者)と自立生活・福祉機器[加藤博臣]
 1 自立生活の概念
 2 自立支援
 3 福祉機器の概念

第10章 障害児(者)と人権――障害者分野における専門職は何をなすべきか[阿部美樹雄]
 1 知的障害児(者)福祉の動向
 2 本人たちが望む将来の生活は
 3 虐待の事例より
 4 施設において権利侵害が起こる原因と背景
 5 障害の重い人たちにどのような支援が必要なのか
 6 知的障害者が被疑者になったときの権利擁護について
 7 おわりに

第11章 障害児(者)福祉と読書[菊地澄子]
 1 読書で福祉の心に出会う
 2 読みきかせの実践
 3 本と出会ってわかったこと
 4 障害を理解するための本について

資料編
 1 戦後日本の障害児(者)福祉略年表
 2 特別支援教育に関する統計資料
 3 障害と教育に関する基本法令・報告
 4 障害児(者)福祉施設の体系

同じジャンルの本

このページのトップへ