ホーム > 韓国食生活文化の歴史
韓国食生活文化の歴史
本体6,800円+税
ISBN 9784750321080
判型・ページ数 4-6・776ページ
出版年月日 2005/05/01

韓国食生活文化の歴史

1自然環境と食生活文化の関係、2その歴史過程、3韓国の儀礼規範変遷と飲食の関係から、考古学・土地制度史等の歴史学、科学技術や薬学の発達史、さらには家族制度の変遷や祭事関係等まで視野に入れ、代表的な韓国料理を網羅する韓国食生活文化史の決定版。
1. 韓国食生活文化の歴史
 第1章 食生活文化の意義と特性、研究方向
  1. 食生活文化の意義
  2. 食生活文化の特性と研究方法
 第2章 自然環境と食生活文化
  1. 人類の主要栽培植物はイネ科植物
  2. 家畜の分布と利用法
  3. 自然環境と主要食品の構成
 第3章 韓国の自然環境と食生活文化
  1. 水陸両面の地理的位置と産物や文化交流の多面性
  2. 地形、気候と飲食文化の多様性
  3. 海岸と海流
  4. 自然環境と作物栽培
  5. 自然環境と食生活管理
  6. 時代区分と社会環境
2. 韓国飲食文化の歴史過程
 第1章 狩猟採集経済時代の食生活――旧石器時代を中心に――
  1. 旧石器時代の食糧と食生活
 第2章 農業の発達から稲作の伝播期――新石器時代中期から青銅器時代――
  1. 雑穀栽培による原始農耕の開始
  2. 稲作の始まりと五穀の結合栽培
  3. 原始農耕時代の調理加工用具と料理
 第3章 鉄器文化による農耕生活の定着――初期鉄器時代から連盟国家時代――
  1. 鉄器文化の展開と農業の発展
  2. 魚介類と野菜、家畜類
  3. 食品の調理と加工
 第4章 食生活構造の成立期――三国時代から統一新羅――
  1. 高句麗(こうくり)、百済(くだら)、新羅(しらぎ)の農業
  2. 三国の漁業と狩猟、家畜飼育
  3. 野菜と果実
  4. 新羅の茶
  5. 三国時代の搗精(とうせい)・製粉用具と厨房設備
  6. 食生活の慣行と様式
 第5章 食生活構造の拡大期――高麗時代を中心に――
  1. 農地の拡大と米穀の増産
  2. 餅果類と麺類の発達
  3. 高麗の茶文化と中国・日本の茶
  4. 高麗の果実と野菜、その他のおかず
  5. 高麗の畜産物と水産物とその料理
  6. 高麗の酒と醸酒法、酒店
  7. 客館(きゃくかん)の接客と宴会、祭礼の規範
 第6章 食生活文化の伝統整備期――朝鮮朝時代――
  1. 農・漁業の成長と農水産食品
  2. 畜産食品とその加工品
  3. 進上食品と薦新(せんしん)食品
  4. その他の食品
  5. 救荒(きゅうこう)施策と蔵氷(ぞうひょう)・頒氷(はんひょう)制度
  6. 医・薬学の発展と科学の進歩による食生活の科学化
  7. 儒教的な大家族生活と家庭料理の発達
3. 食生活の規範と主要料理の歴史
 第1章 儀礼の規範と料理
  1. 子供のための祝賀礼
  2. 婚俗の変遷と婚礼料理
  3. 相続制度の変遷と祭礼料理
  4. 朝鮮王朝の宗廟(そうびょう)祭礼の祭需
  5. 朝鮮王朝の宮中宴会
 第2章 賓客のもてなしと宴会料理
  1. 賓客をもてなす手筈と酒の膳
  2. 朝鮮朝時代の酒宴と宴会
  3. 宴会料理
  4. 朝鮮朝時代の家醸酒(カヤンジュ)

同じジャンルの本

このページのトップへ