ホーム > ジェンダー白書3
ジェンダー白書3
本体2,000円+税
ISBN 9784750320939
判型・ページ数 A5・376ページ
出版年月日 2005/03/01

ジェンダー白書3

女性とメディア

ジェンダー論の現在を紹介するシリーズ第3弾! 特集「女性とメディア」では、マス・メディアから芸術作品、アニメ、インターネット等多様なメディアのジェンダー・バイアスと可能性を読み解く。関連資料も多数収めた必携本。
特集 女性とメディア
〈総論〉 メディアのジェンダー構造と女性表現(水田 宗子)
 1 メディアの変遷
 2 女性=読む主体の形成
 3 表現する女性とマス・メディアの壁
 4 メディアへの女性自身のアクセス
 5 「ポスト均等法世代」の登場
 6 少子高齢社会と女性
 7 女性と外国人へのバッシング
 8 インターネットでの人権侵害、女性差別
 9 サイバーメディア時代のコミュニケーション
表現の自由と女性の人権(植野妙実子)
 1 はじめに
 2 表現の自由の保障
 3 表現の自由の規制
 4 わいせつ規制ならびに見たくない人の権利
 5 ポルノ規制と女性の権利
 6 差別的表現の規制
 7 まとめにかえて
メディア・リテラシーとジェンダー(鈴木みどり)
 1 ICT時代を迎え、多様な領域とかかわって
 2 視点を変え、クリティカルな読み手に
 3 体系的に学ぶための基本的な枠組み
 4 ジェンダーをどう読み解くか――学びの実践から
 5 選挙報道が構成するジェンダー
 6 有権者をどうとらえているか――政治家と市民のジェンダー化された関係
 7 「グローバル」と「ローカル」の視座
アニメのジェンダー――少女を取り込むプリンセス神話/消費される少女像(若桑みどり)
 1 前提
 2 ディズニーのお姫様ストーリー――女性の無力化と主婦化、性的客体化の教訓
 3 宮崎駿「もう一つの」プリンセス・ストーリー――サブカルチャーが創造した「マドンナ(聖母)」とその陵辱
テレビに見るジェンダー関係の再生産と変容の契機(村松 泰子)
 1 はじめに
 2 女性を「重視」してきたテレビ
 3 テレビ・コマーシャルに見るジェンダー関係の再生産と変容
 4 娯楽番組に見るジェンダー関係の再生産と変容
 5 オーディエンス、そして発信者としての女性
現実を写さない写真、現実をつくる写真(萩原 弘子)
 1 はじめに
 2 シンディ・シャーマン――セックスを意味する記号としての女
 3 糸川祥子――ガラスの鎖に縛られて
 4 どこにだってベネトン広告
 5 バーバラ・クルーガー――誰の価値観か?
 6 ローナ・シンプソン――表現されることの拒否
 7 おわりに
美術史を書き直す実践(北原 恵)
 1 「なぜ、女性の偉大な芸術家がいなかったのか」?
 2 第二波フェミニズムとアートの運動
 3 日本の美術界とジェンダー
「女性映画」はいま(松本侑壬子)
 1 はじめに
 2 数字に見る日本の「女性映画」の現状
 3 女性監督の誕生から現在まで
 4 女性映画祭
 5 おわりに――連帯と国際性
レズビアン文学再訪――フェミニズムを「ポスト」にしないために(渡部 桃子)
 1 副題について――序にかえて
 2 「逆風」のフェミニズム
 3 ロマンティック・ラブという「陥穽」
 4 「レズビアン文学」とは?
 5 おわりに
新聞の中のジェンダーと女性問題報道の後退(竹信三恵子)
 1 はじめに
 2 「男性・正社員優位」の構造
 3 ジェンダー主流化への不安
 4 バックラッシュ紙面の登場
 5 女性が必要な情報の保障
雑誌におけるジェンダー・カテゴリーの構築(諸橋 泰樹)
 1 はじめに
 2 雑誌発行部数・売上げの政治学
 3 雑誌接触に見るジェンダーの非対称性
 4 「女性」という雑誌ジャンルの政治性
 5 「男性」という雑誌ジャンルの困難性
歌謡曲に見る女性の表象――名前の詩学と政治学(舌津 智之)
 1 名前のジェンダー・ポリティクス
 2 愛の詩学と所有の政治学
 3 名前とナショナル・アイデンティティ
 4 女性名の客体化/商品化 
 5 自己/自呼のドラマ――他者化から自己決定へ
女性とインターネット――オンライン・コミュニケーションをめぐって(圓田 浩二)
 1 はじめに
 2 メディアとしてのインターネット
 3 女性のインターネット利用
 4 女性がインターネットを利用する際の問題点
 5 インターネット上のポルノグラフィと児童の性
 6 結びにかえて――社会の裏窓としてのインターネット
インターネットによって広がる女性の仕事の可能性(肥後 紀子)
 1 はじめに
 2 「SOHO」と「在宅ワーク」、その定義と両者の違い
 3 女性が「在宅ワーク」で働く理由
 4 「在宅ワーク」のインターネット活用の実際
 5 「在宅ワーク」が抱える問題
 6 さらに新しい「在宅ワーク」も登場
 7 むすび
広告は男女共同参画推進の媒体となりうるか――ジェンダーとグローバリゼーションの視座に立って(力武 由美)
 1 はじめに
 2 グローバリゼーション下における広告活動と消費活動
 3 広告活動における男女共同参画推進の可能性
 4 むすびにかえて――マス・メディアとの連携

同じジャンルの本

このページのトップへ