ホーム > 民衆のアメリカ史 上巻
民衆のアメリカ史 上巻
本体8,000円+税
ISBN 9784750320557
判型・ページ数 4-6・690ページ
出版年月日 2005/01/01

民衆のアメリカ史 上巻

1492年から現代まで

コロンブスによる「発見」以後の北米の歴史を、支配するマジョリティの側からではなく、「民衆」の側からとらえ直す。有色人種、女性、マイノリティの目にアメリカの歴史はどう映るのか。上巻は1492年・独立・南北戦争を経て第1次大戦参戦前まで。
日本語版への序文
日本語旧版(一九八二年)への序文
第1章 コロンブスとインディアンと人間の進歩と
 黄金の幻影/ラス・カサスの証言/歴史をどう見るか/南北アメリカで行なわれたこと/すぐれたインディアンの文化
第2章 人種境界線(カラー・ライン)を引く
 奴隷船、ヴァージニアに着く/アフリカからアメリカへ/奴隷化への抵抗/反乱への絶えざる恐怖
第3章 下積みのひどい状態にあった人たち
 ベーコンの反乱/みじめな年季奉公人/広がる貧富の差/抗議する民衆/既成事実となった人種差別
第4章 暴政は暴政だ
 増大する植民地の富/富める者への怒り/印紙税法反対暴動/反イギリス闘争の指導者たち/独立宣言と民衆
第5章 革命に似て……
 ワシントン軍の兵士たち/下層階級の反乱/独立革命の階級性/排除されるインディアン/新国家のなかの民衆/シェイズの反乱/憲法をめぐる論議/言論の自由のゆくえ
第6章 人目につかない抑圧
 開拓初期の女性/女性の従属的地位/反抗者たち/女性らしさの礼賛/初の女性労働者のストライキ/束縛に抗して/奴隷制廃止運動と女性/公正な世界に向かって
第7章 草が育ち川が流れるかぎり
 全インディアンは団結せよ/白人は恥じなければならない/土地を売って金を受け取るつもりはない/ちょっとどきなさい/緑野から荒野へ/踏みにじられる条約/セミノール族の戦い/涙の旅路
第8章 われわれは征服によって何一つ奪っていない……万万歳だ
 リオグランデ川まで前進せよ/膨張に走る世論/戦争反対者/兵士たちの幻滅/略奪と無差別殺戮と/指導者の栄光と民衆の悲惨
第9章 服従なき奴隷制、自由なき解放
 奴隷たちは幸福だったか/抵抗の諸形態/黒人奴隷のしたたかさ/なぜ私は奴隷なのか/高まる奴隷制廃止論/リンカンの選択/奴隷解放宣言/リンカンさんはどこへ行っちまったのか/北部と南部の妥協/新たな奴隷化の始まり
第10章 もう一つの内戦
 反地代闘争とドアの反乱/ジャクソニアン・デモクラシー/労働者大衆の蜂起/女性労働者の闘い/南北戦争下の労働者と企業家/労働運動の広がりと一八七〇年代の不況/全国を揺るがした鉄道労働者の反乱
第11章 強盗貴族と反乱者
 赤貧から金満家へ/会社資本主義の確立/新産業時代の教育/流れ込む新移民/一八八六年の蜂起/南部の労働者/プルマン・ストライキ/農民の大連合/高揚するポピュリズム/人種問題とポピュリスト/ポピュリズムの崩壊
第12章 帝国と民衆
 海外市場への期待/キューバ革命と実業界/アメリカ=スペイン戦争と労働者/キューバに群がる商売人/フィリピン問題/黒人兵士の悩み
第13章 社会主義者の挑戦
 文学者たちの体制批判/搾取工場/AFLとIWW/IWWの闘争/ローレンスの勝利/労働運動から社会主義運動へ/女性の社会主義者/女性解放主義の発展/団結する黒人/「革新主義」の時代/改革運動の本質/アメリカ史上最大の争議
地名・事項索引
人名索引

同じジャンルの本

このページのトップへ