ホーム > 当事者が語る大人のADHD
当事者が語る大人のADHD
本体1,800円+税
ISBN 9784750319865
判型・ページ数 4-6・280ページ
出版年月日 2004/10/01

当事者が語る大人のADHD

私たちの脳には翼(はね)がある!

注意力がない、人の話を聞けない、約束を守れない……そんな負の側面ばかりが強調され、実生活でも困難を伴うADHDの人たち。本書は大人のADHDサポートグループのメンバーが、基礎知識や自らの体験、また上手につきあう実践法をまとめたサポートブック。
プロローグ 私たちの脳には翼(はね)がある!
PART1 医者も知らないオトナのADHD
 天才? それとも厄介者?
 差別と偏見
「障害」とはどういうことか
 あなたの身近にいるADHD~私が出会ったYTのこと、私のこと
PART2 当事者それぞれの自分との闘い
 ペットの「もぐりん」のこと~わたしのペット遍歴[mogurin]
 先延ばし癖のある人の心の負担を軽くする法[Bunny_Lab]
 「鬱」という二次障害を改善するために[ナオニャム]
 職場で自分が、あるいは誰かがADD/ADHDだったら?[小町]
 子供を育てて初めて知ったわたし自身のADHD[MUSICA]
 年金請求の不条理についてのはなし[むーんらいず]
 面接ひとりバトル[はるか]
 生きるということ、生きていくということ[みゆき]
PART3 あなたの「翼」をよく知るために
 あなたにあう医師を見つけるには
 あらためて考える。ADHDは障害か
 自分の立場を認識する
 ミステイクン・アイデンティティーをこえて[Rosamonde]
 ADHDの診断基準について
PART4 さあ、あなた自身のリハビリを始めよう!
 相互理解を求めて
 具体的なリハビリ ダイジェスト版
 脳を鍛える! ダイジェスト版
 心も体も健康管理
 ぜひ試したい万能薬
PART5 再び、エジソンはADHDだった?
 ADHDの特徴を考える
 「頭が良い」ってなんだろう?
 ひらめくのは結構。では、ひらめきっ放しは?
 能力には光もあれば陰もある
 価値観を確立する生活のスタイル
 WingBrainのサイトから
 落とし穴に落ちないために
 「犯罪」とはなんだろうか
エピローグ ADHDの役割
あとがき
執筆者自己紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ