ホーム > 移民をめぐる自治体の政策と社会運動
移民をめぐる自治体の政策と社会運動
本体4,200円+税
ISBN 9784750319810
判型・ページ数 4-6・336ページ
出版年月日 2004/09/01

移民をめぐる自治体の政策と社会運動

駒井 洋 監修・編著
生活者としての移民の公共サービス、教育、医療などの問題に自治体、NGOはどのように取り組んでいるのか。住民・市民である移民の公共空間での人権をどのように確立していくか。積極的な取り組みと今後の課題を提示する。
刊行の趣旨
はじめに
第1章 自治体の政策とNPOの活動の成果と課題(駒井 洋)
 1 自治体およびNPOと外国人移民
 2 地方分権の進展と主体としての市区町村
 3 台頭するNPOおよび市民運動
 4 外国人労働者の受け皿としてのコミュニティ・ユニオン
第1部 自治体の外国人市民政策
第2章 外国人集住都市浜松における地域共生の取り組み(原田なほみ)
 1 国際交流の推進
 2 外国人市民の増加
 3 外国人市民会議
 4 浜松市世界都市化ビジョン
 5 外国人集住都市会議
 6 国際地方自治体連合(IULA)への加盟と今後に向けて
第3章 大泉町の外国人市民政策(糸井昌信)
 はじめに
 1 中小企業の人手不足と「東毛地区雇用安定促進協議会」
 2 町行政の対応
 3 小中学校の対応
 4 大泉国際交流協会とボランティア活動
 5 課題と展望
第4章 川崎市の外国人市民政策とNPO(峰岸是雄)
 はじめに
 1 人間都市創造と伊藤市政
 2 地球市民時代と高橋市政
第2部 NPOの活動と市民運動
第5章 浜松市におけるNPOの試み(山口祐子)
 はじめに
 1 浜松NPOネットワークセンターの活動
 2 「外国人集住都市会議」のカウンターパートとして
 3 自治体のカウンターパートとしてのNGOの今後
第6章 市民による外国人医療支援活動(山口貴司)
 はじめに
 1 医療保険のない外国人と医療費未払い問題
 2 市民による検診会
 おわりに
第7章 在留特別許可一斉行動の経過と展望(吉成勝男)
 はじめに
 1 非正規滞在外国人の状況と人権侵害
 2 在留特別許可一斉行動へ
 3 社会的な運動の広がり
 4 法務大臣の裁決
 5 一斉出頭行動の成果と可能性
第8章 移住者の権利を守るネットワーク運動の軌跡と課題(岡本雅享)
 はじめに
 1 移住労働者支援団体の結成とアジア人労働者問題懇談会の発足
 2 アジ懇の活動――一九八七年~一九九〇年代初め
 3 外国人労働者問題フォーラムの開催と拡大
 4 移住連の結成
 5 移住連結成以降のネットワーク運動の成果と課題
 6 移住者を守る市民活動が目指すもの
第3部 コミュニティ・ユニオンによる労働運動
第9章 外国人労働組合の可能性(小川浩一)
 1 外国人労働者の組織化と日本の労働組合
 2 外国人労働者の組織化を可能にしたもの
 3 組織運営上の問題
 4 財政問題
 5 組合民主主義――外国人労働者の参加
 6 労働組合の国際交流
 おわりに
第10章 全統一外国人労働者分会のあゆみと現状(鳥井一平)
 はじめに
 1 この十余年を振り返って
 2 中小労働運動と移住労働者
 3 課題と展望
 4 働く仲間、移住労働者――結びに代えて
終 章 外国人労働者「問題」と日本人(山本薫子)
 1 外国人労働者「問題」という名の日本人「問題」
 2 国家による外国人労働者「問題」の把握
 3 市民団体・NGOと外国人労働者「問題」
 4 日本人の「主体」構成の場としての外国人労働者「問題」
索 引

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ

同じジャンルの本

このページのトップへ