ホーム > 福祉国家とジェンダー
福祉国家とジェンダー
本体3,800円+税
ISBN 9784750318509
判型・ページ数 A5・264ページ
出版年月日 2004/01/01

福祉国家とジェンダー

先進諸国との比較を踏まえ、日本型福祉国家の本格的ジェンダー分析を目指す。日本型福祉国家の特徴(意義と限界)を、その政策が暗黙のうちに前提し依拠する世帯や職場のジェンダー関係の分析を軸として解明する。
第1部 福祉国家の基礎構造とジェンダー

第1章 福祉国家とジェンダー[大沢真理]
1.空前の「福祉国家ブーム」?
2.福祉国家研究の流れ
3.日本の福祉国家とジェンダー視点
4.「男性稼ぎ主」型から脱却するのか
5.「型」の転換の意味

第2章 財政と年金制度[神野直彦・大沢真理]
――ジェンダーへの財政社会学的アプローチ――
1.はじめに
2.市場社会のジェンダー格差と3つの政府体系
3.年金改革とジェンダー
4.結びに代えて

第3章 家族家計・家計内個々人への収支配分・社会保障[室住眞麻子]
1.本章の課題と問題意識
2.家計内ジェンダー関係
3.家計所得水準と貧困率
4.家計所得構成の諸相
5.おわりに

第4章 福祉国家と労働政策[田端博邦]
――ジェンダーの視点から――
1.はじめに
2.「ケインズ主義的福祉国家」とジェンダー
3.福祉国家の変容とジェンダー
4.福祉国家の型と労働政策
5.結びに代えて

第2部 所得移転,社会サービスとジェンダー

第5章 高齢者介護政策における家族介護の「費用化」と「代替性」[森川美絵]
1.はじめに
2.福祉国家における高齢者介護とジェンダー
3.90年代における高齢者介護政策――概要と理念
4.家族介護の費用化と代替
5.まとめ

第6章 児童手当制度におけるジェンダー問題[北明美]
1.はじめに
2.日本の児童手当の変遷とその特徴
3.諸外国における児童手当・家族手当政策の展開
4.日本における児童手当の創設と社会運動
5.児童手当制度の展開
6.結びに代えて

第7章 女性の所得保障と公的扶助[藤原千沙]
1.社会保障の体系と公的扶助の位置
2.生活保護の動向と補足性の原理
3.貧困層の量的存在と生活保護
4.母子世帯の「自立」と生活保護
5.おわりに

第8章 ジェンダー・エクィティ実現のための教育戦略[朴木佳緒留]
1.はじめに
2.議論に先立つ若干の問題整理
3.教育・学習機会のジェンダー格差
4.学校におけるジェンダー再生産の転換を
5.労働と教育をリンクする
6.まとめに代えて――自立と自律の教育を

同じジャンルの本

このページのトップへ