ホーム > 英語支配とは何か
英語支配とは何か
本体2,300円+税
ISBN 9784750318387
判型・ページ数 4-6・256ページ
出版年月日 2003/12/01

英語支配とは何か

私の国際言語政策論

「英語支配論」のパイオニアである著者の足跡を「講演」「著書・論文」「小論・随筆」の三部に分けてたどり、これ一冊で「英語支配とは何か?」がわかる。また、「英語支配」批判の営みを通して、脱グローバリゼーション運動としての英語教育の可能性をも探る。
はしがき
 序章 英語支配とは何か?―英語支配論の理念と方向性―
第1部 講 演
 1 英語支配時代の日本の選択―英会話症候群は克服できるか?―
 2 グローバル化と英語支配―英語を第二公用語にすべきか?―
第2部 著書・論文
 1 英語支配と差別
 2 英語支配への挑戦序論
 3 英語教育と英語産業による精神の植民地化
 4 批判理論としての「コミュニケーション権」―英語支配への抵抗―
第3部 小論・随筆
 1 言語手段の平等の実現を―「英語帝国主義」を考える―
 2 「英語は国際語」に騙されるな
 3 「話せる英語」教育への異論
 4 誇りのない自己植民地文化への疑問―名古屋ボストン美術館構想を批判する―
 5 英語支配研究の高まり―海外と日本―
 6 目にあまる日本の「英語病」
 7 「三つの落とし穴」が待っている! ―英語第二公用語化―
 8 「日米言語協定」の締結を
 終章 エコロジカルな英語教育―脱グローバリゼーション運動としての英語教育の可能性―
あとがき
著者主要業績一覧

同じジャンルの本

このページのトップへ