ホーム > 女性差別撤廃条約とNGO
女性差別撤廃条約とNGO
本体2,000円+税
ISBN 9784750318233
判型・ページ数 A5・232ページ
出版年月日 2003/12/01

女性差別撤廃条約とNGO

「日本レポート審議」を活かすネットワーク

女性差別撤廃委員会で、日本の男女平等がどのくらい実現しているかが審議された。「間接差別」「婚外子差別」「マイノリティ女性」など差別の実態と勧告が国際的に示された。NGOの取り組みを、政府や国連の資料と解説、NGOの論説を軸に収録。
発刊によせて……赤松良子
はじめに……山下泰子
凡  例
用語解説

STEP1 知ろう 女性差別撤廃条約の保障する権利
1 女性差別撤廃条約のあゆみ 山下泰子
2 女性差別撤廃条約の保障する権利 山下泰子
3 女性差別撤廃委員会と報告制度 堀口悦子

STEP2 活かそう 女性差別撤廃委員会第4次・第5次日本レポート審議
1 第4次・第5次日本レポート審議にむけたNGOの取り組み 田中恭子
  会期前作業部会でのJNNC活動
  NGOサマリーレポート
  JNNCから政府への質問事項
  NGOランチタイムブリーフィング
  非公式ブリーフィング
2 第4次・第5次日本レポート審議と「最終コメント」
  日本政府首席代表の報告
  第4次・第5次日本レポート審議要約
  女性差別撤廃委員会「最終コメント」

STEP3 さらなる飛躍へ 今後の課題と展望
1 日本レポート審議――NGOの参画と今後の課題 山下泰子
2 NGOから見た主な課題
  「均等待遇原則」こそ社会の活力
  選択議定書の批准にむけて
  条約の理解普及を
  婚外子と非婚の女性を差別しない社会を求めて
  税制・社会保障制度の差別撤廃をめざして
  女性に対する暴力の撤廃をめざして
  人身売買を含むマイノリティ女性に関する施策の創出を
  「慰安婦」問題の解決をめざして
  女性の政治参加を進めるために
  「間接差別」の具体的な定義を作ろう
3 さらに日本レポート審議を活かすために 原由利子

資料編
むすびにかえて……JNNC世話人

同じジャンルの本

このページのトップへ