ホーム > 見えない目で生きるということ
見えない目で生きるということ
本体1,400円+税
ISBN 9784750317458
判型・ページ数 4-6・200ページ
出版年月日 2003/07/01

見えない目で生きるということ

視覚障害者の暮らし・接するためのヒント

健常者中心の「一般」社会で生きる、一人の「平凡な」視覚障害者の生活を紹介。見えないことによる不便など、健常者との違いを通し、逆に「健常者と違わない」視覚障害者の姿が見えてくる。視覚障害者の立場からのバリアフリーに関する考え、アイデアも紹介。
まえがき
第1章 私のプロフィール
 コラム いろいろな立場の人を考慮した社会作り・物作り
第2章 見えない体が感じるもの
 コラム ユニバーサル・デザイン~識別マークの工夫~
第3章 見えない足を支えるもの
 コラム いろいろな補助具の活用
第4章 Q&Aで知る見えない世界~講話で寄せられた素朴な疑問から~
 コラム パソコンにつまった可能性
第5章 見えない目の代わりに~情報バリアフリー社会実現に向けて~
 コラム バリアフリー出版の取り組み
第6章 私の呟き~バリアだらけの日常から感じたこと~
 コラム 自動販売機はバリアフルな道具
第7章 バリアフリー社会を実現するために~私たち一人ひとりができること~
 コラム 家電製品・便利グッズ関係連絡先
あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ