ホーム > セクシュアルマイノリティ
セクシュアルマイノリティ
本体2,000円+税
ISBN 9784750316956
判型・ページ数 A5・232ページ
出版年月日 2003/03/01

セクシュアルマイノリティ

同性愛、性同一性障害、インターセックスの当事者が語る人間の多様な性

身体の性、心の性ってなに? 性愛の対象って決まってるの? これまで常識とされていた性の枠組みに対し、セクシュアルマイノリティの当事者が、そのおかれた現実と多様な性のあり方、性の自己決定と自分らしく生きることのできる社会のありようを語る。
はじめに
序章

第一部 生物の多様な性とインターセックス

第1章 生物の多様な性
 1 はじめに
 2 メス・オスの定義
 3 性決定はメス・オスだけでない
 4 性転換をする生物
 5 同性間にもある性行動
 6 多様な性とともに生きるために

第2章 インターセックスと呼ばれる人々
 1 戸籍性別の決定と半陰陽という例外
 2 性分化の成り立ち
 3 インターセックスとはどんな人々か
 4 肉体的な特徴から見て性別のあいまいな人々
 5 インターセックスの遺伝子を持つ人々
 6 インターセックスは病気か?

第3章 インターセックスの人々を取り巻く問題
 1 医師たちの苦悩──医療現場がなしてきたこと
 2 親たちの苦悩
 3 当事者たちの苦悩
 4 社会制度の問題点
 5 現代医療の進展とともに発生してきた問題
 6 これからの社会に望まれること

第二部 心の性と性同一性障害

第1章 心の性
 1 セックスとジェンダー
 2 心の性(性自認)
 3 多様な性のなかでのトランスジェンダー
 4 トランスジェンダーも多様
 5 性のゆらぎ
 6 病気か個性か、生得か環境か

第2章 性同一性障害とは何か
 1 性同一性障害とは何か
 2 GIDの診断と治療

第3章 GIDの人たちをとりまく環境
 1 GID当事者のおかれた状況
 2 GID当事者が生きやすい社会をつくっていくために

第4章 性別二元制を超えて
 1 「らしさ」からはずれることの困難
 2 戸籍の性別変更(訂正)問題
 3 性別二元制を超えて

第三部 同性愛と性的指向

第1章 同性愛と性的指向
 1 同性愛と性的指向
 2 性的指向とはどのようなものか
 3 同性愛者は人口の何%存在するのか?
 4 同性愛は病気か?
 5 同性愛の原因
 6 同性愛は罪でしょうか?

第2章 同性愛嫌悪と差別
 1 同性愛嫌悪とは
 2 内面化された同性愛嫌悪
 3 同性愛者はどこにいる?
 4 性的指向はプライバシーか?
 5 相談コーナー
 6 カミングアウト体験記
 7 差別はどのようにして顕在化するのか

第3章 同性愛者の未来
 1 “パレード”“ドラァグ”“レインボー・フラッグ”
 2 同性愛者が求める法的権利
 3 多様なライフスタイルをめざして

第4章 HIV感染症の予防
 1 エイズをとりまく現在
 2 減らない新規患者・感染者
 3 どうすれば感染しないのか
 4 患者・感染者が暮らしやすい社会を
 5 新規の感染者をゼロに

おわりに 多様な性が認められる社会

基本用語集/執筆者が薦める図書のリスト/セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークのメンバーが執筆した本/セクシュアルマイノリティ団体の紹介/セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークについて/著者紹介

同じジャンルの本

このページのトップへ