ホーム > ソーシャルワークと社会福祉
ソーシャルワークと社会福祉
本体5,000円+税
ISBN 9784750316871
判型・ページ数 A5・328ページ
出版年月日 2003/02/01

ソーシャルワークと社会福祉

イギリス地方自治体ソーシャルワークの成立と展開

第2次世界大戦期以降のイギリス地方自治体のソーシャルワークの成立と展開過程を社会的基盤、専門職的実務環境、専門職教育研修という3つの次元での要件整備を中心に検討し、あわせて現在の日本での地方自治体によるソーシャルワークの問題点を考える。
序章 地方自治体ソーシャルワーク研究の意義
第1部 特殊専門的ソーシャルワークの成立と展開
 第1章 第2次世界大戦時・直後における英国ソーシャルワーク情況
 第2章 戦後における社会福祉サービス(PSS)概念の成立と所得保障からの分離
 第3章 地方自治体ソーシャルワークの成立基盤――地方自治体児童部への道
 第4章 地方自治体児童部におけるソーシャルワーク

第2部 ジェネリック・ソーシャルワークの成立と展開
 第5章 地方自治体社会福祉サービス(PSS)統合への道
     ――児童ケアから家族福祉、社会福祉サービスへ
 第6章 地方自治体社会福祉の再編成――シーボーム体制の確立と発展
 第7章 英国地方自治体社会福祉部長及びその専門職協会
 第8章 地方自治体社会福祉部の組織構造の変遷と特質

第3部 地方自治体ソーシャルワークの基盤と特質
 第9章 ソーシャルワーク専門職における教育研修と資格制度
 第10章 ソーシャルワークに関わる専門職協会の発展と役割
 第11章 地方自治体ソーシャルワークにおけるジェネリシズム問題

結論
補遺
参考文献・資料
あとがき/謝辞
索引

同じジャンルの本

このページのトップへ