ホーム > 余暇と遊びの福祉文化
余暇と遊びの福祉文化
本体2,000円+税
ISBN 9784750316499
判型・ページ数 4-6・224ページ
出版年月日 2002/11/01

余暇と遊びの福祉文化

これまで社会福祉の領域で取り上げることの少なかった余暇や遊びを人間の幸福追求に欠かせない要素として正面から取り上げ、様々な実践例を紹介。「余暇と遊びは文化の基盤である」という立場から、福祉における余暇・遊び・レクリエーションの可能性を探る。
序 これからの余暇と遊び[一番ヶ瀬康子]
第1部 余暇と遊びの福祉論
 余暇の現代史[薗田碩哉]

第2部 福祉をつくる余暇・遊び・レクリエーション
 第1章「生活の快」を求めて―生活を遊び化する試み[小池和幸]
  一 老人ホームにおける生活快適化(誠和園)[村上廣夫]
  二 余暇歴を踏まえたレジャー・カウンセリング―余暇生活活性化のための支援方法(青梅慶友病院)[草壁孝治]
  三 デイサービスセンターにおける生活と遊び(むべの里)[マーレー寛子]
  四 ホームヘルプサービスにおけるコミュニケーションと生活の遊び化[高橋紀子]
 第2章 遊びが育む福祉文化[薗田碩哉]
  一 文化を呼吸する暮らし―旅から演劇鑑賞まで[勝矢光信]
  二 多様化する障害者の芸術文化―「障害者と共に創る文化活動ワークショップ」の実践から[板橋義也]
  三 障害者の芸術活動―絵画活動を通して[松ムツミ]
 第3章 介護保険と文化・レクリエーションの行方[浮田千枝子]
  一 誰もが安心して暮らせる地域実現のために―デイサービスセンターでのレクリエーション・ボランティアの実践[和田耕治]
  二 レクリエーション・サービス会社等の試み[妹尾弘幸]
 第4章 人権の視点から―遊びと余暇の権利をどう保障するか[石田易司]
  一 交わりから始まる第一歩(高知県・土佐山田町)
  二 デイサービスセンターを田舎の分校に(新潟県・三条市)
  三 障害者のキャンプを支える(大阪市)[金山竜也]

第3部 文化の基礎としての余暇と遊び
 余暇社会への展望[薗田碩哉]

 あとがき[薗田碩哉]

同じジャンルの本

このページのトップへ