ホーム > 市民がつくる日本・コリア交流の歴史
市民がつくる日本・コリア交流の歴史
本体1,800円+税
ISBN 9784750315508
判型・ページ数 A5・208ページ
出版年月日 2002/03/01

市民がつくる日本・コリア交流の歴史

日本人と在日コリアン市民の手作りの交流史博物館をつくろう。1990年に始まった市民の活動が2001年12月に結実した。本書は博物館設立活動と並行して書籍による仮想歴史博物館としてつくられた。日本・在日コリアンの2人の高校生が交流の歴史を旅する。
はじめに
 登場人物の紹介を兼ねたプロローグ

1 朝鮮と日本 古代―近世
 ( 1 )朝鮮のあけぼの
 ( 2 )朝鮮三国の発展と対立
 ( 3 )「日本」国の形成と渡来人
 ( 4 )東大寺と統一新羅
 ( 5 )渤海と日本の交流
 ( 6 )高麗王朝と、その苦難
 ( 7 )朝鮮王朝と「海東諸国」日本
 ( 8 )ハングルを創った朝鮮王朝
 ( 9 )豊臣秀吉の侵略
 (10)善隣友好の絆、朝鮮通信使

2 日本と朝鮮 近代・現代
 (11)朝鮮の開国と日本
 (12)朝鮮の開化運動
 (13)朝鮮の農民戦争と日清戦争
 (14)「韓国併合」という名の、廃滅
 (15)三・一独立運動とその影響
 (16)大陸侵略の「兵站基地化」と朝鮮人の「皇民化」
 (17)解放、そして再びの悲劇へ

3 わたしたちが日本で生きるということ ある在日女性の物語

 朝鮮戦争後の韓国と北朝鮮――友理恵とヨンヒの共同作業による現代史年表
 さらに学ぶために 参考文献の紹介
 エピローグ 館長からのメッセージ

同じジャンルの本

このページのトップへ