ホーム > 交通とバリアフリー
交通とバリアフリー
本体1,800円+税
ISBN 9784750315164
判型・ページ数 4-6・224ページ
出版年月日 2001/12/01

交通とバリアフリー

バリアフリー社会の創造2

鉄道、バス、飛行機、車……杖障害者としての実体験から、交通のハード面や、アクセス方法などのさまざまなバリアを、動く歩道の手すりといった具体的事例をあげて分析。欧米諸国との比較も含め、真のバリアフリー社会に向けた方向性や施策を提言する。
第1章 飛行機の利用とバリア
 動く歩道と手すり:安全面と移動負担の軽減を考えて!/空港の手すりの高さ,ちょっと変では?/車椅子・杖(福祉用具)は身体の一部だぞ!/ほか
第2章 鉄道利用とバリア
 五〇〇系のぞみ,何のためにデッキに点字ブロック貼り付けたの?/エスカレーターか,エレベーターか?/福祉優先席サービスを始めてよ!/トイレのバリアフリーを/ほか
第3章 バス利用とバリア
 バス輸送システムとその不便さ/観光(郊外型)バスの乗降環境:もう少し乗り易くならないの?/バスの床は何故高いの?ノンステップバスが便利では!
第4章 マイカーとバリア
 自動通行券発券機・料金収受機の使い難さわかっているの!/障害者用駐車場はいつでも停められるようにして!/ほか
第5章 バリアフリーを支えるのは人と人のコミュニケート
 盲導犬はペットではない!/施設から脱出したい!障害者ケアマネージメントシステムへの不安/「人」を大切にする福祉社会を求めて/ほか

同じジャンルの本

このページのトップへ