ホーム > インドヒマラヤのチベット世界
インドヒマラヤのチベット世界
本体2,500円+税
ISBN 9784750315041
判型・ページ数 4-6・216ページ
出版年月日 2001/12/01

インドヒマラヤのチベット世界

「女神の園」の民族誌

チベット世界がヒンドゥー世界に接する地、インド・ヒマラヤの小村、ヒマーチャル・プラデーシュ州ラホールのカルダン村に、延べ約8ヶ月滞在して行ったフィールドワークの成果をまとめた民族誌。ラホールの魅力をあますところなく伝える一著。
1 ラホール,またはガルシャ・カンドーリンという地について:チベット世界がヒンドゥー世界に接する土地
2 カルダン村:初めての住み込み調査
3 経済:農業と牧畜を中心として
4 家と家族:キュムの原理とジンマの原理
5 結婚と婿取り:キュムの原理とジンマの原理の相克
6 「男性」対「女性」:レッツォーマを巡って
7 小さな神々たち:神や悪霊の織りなす世界
8 「隠された国」を求めて:テルトン・トゥルシュク・リンパの冒険
9 変わりゆくラホール:チベット世界からインド世界へ?

同じジャンルの本

このページのトップへ