ホーム > ポーランドを知るための60章
ポーランドを知るための60章
本体2,000円+税
ISBN 9784750314631
判型・ページ数 4-6・272ページ
出版年月日 2001/09/01

ポーランドを知るための60章

独自の高度な文化を誇る伝統ある国ポーランド。建国から中欧復活、体制転換以降変貌する政治・経済・社会の状況、また市民生活とカトリック、言語、文学・芸術などをオリジナリティ溢れる記述で描く。
1 建国から中欧復活まで
 ローマ・キリスト教世界の東の果て―国家の形成とキリスト教の受容/中世の大国―ヤギェウォ王朝の成立と拡大/ドンブロフスキと皇帝ナポレオン―創られた伝説/ほか
2 ポーランド人とユダヤ人
ユダヤ人議会―ポーランドが認めた民族自治機関/ユダヤ人とポーランド民族運動―協力か排除か/ほか
3 ポーランドと日本
 ピウスツキとドモフスキ―日露戦争とポーランド人/杉原千畝,小野寺信とポーランド人スパイ―第二次大戦中の諜報活動/ほか
4 政治・経済・社会の変貌
 政党,議会,大統領―激動の1990年代/ラディカルな経済自由化―バルツェロヴィチ・プランの功罪/ほか
5 市民生活とカトリック
 祝祭日―カトリックの伝統が季節を告げる/ほか
6 言語の周辺
 命名―アンナちゃんとウカシュくん,さくらちゃんと翔くん/ほか
7 文学・芸術・映画
 ノーベル文学賞4人衆―シェンキェヴィチ,レイモント,ミウォシュ,シンボルスカ/ジョゼフ・コンラッド―英語で書かれたポーランド文学/ほか

同じジャンルの本

このページのトップへ