ホーム > 僕はやってない! 仙台筋弛緩剤点滴混入事件 守大助勾留日記
僕はやってない! 仙台筋弛緩剤点滴混入事件 守大助勾留日記
本体1,400円+税
ISBN 9784750314402
判型・ページ数 4-6・272ページ
出版年月日 2001/06/01

僕はやってない! 仙台筋弛緩剤点滴混入事件 守大助勾留日記

12歳の少女ほか全5件の殺人・殺人未遂容疑で逮捕、起訴された、守大助被告。過酷な取り調べの中、6冊のノートにびっしりと綴られた無実の叫びを収録。医療過誤隠しを事件の真相と断じた弁護団団長の分析、家族・恋人からのメッセージも加えた驚愕の冤罪告発。
第一章 守大助勾留手記
第二章 守大助勾留日記
第三章 筋弛緩剤と北陵クリニック~守大助は冤罪である[阿部泰雄]
 一,守大助の逮捕,起訴
 二,北陵クリニックと守大助
 三,凶器としての筋弛緩剤
 四,クリニックはなぜ内部調査をしないか
 五,警察捜査の不可解さ
 六,五つのケースに事件性があるのか
 七,仙台筋弛緩剤混入「事件」の本質
特別寄稿
 息子の無実を晴らすべく[大助の母]
 彼の無実を信じて[大助の恋人]