ホーム > 労働とジェンダー

労働とジェンダー

フェミニズム労働論の視座から戦後日本の労働におけるジェンダー分析を試みる。日本の労働におけるジェンダー的特徴を規定する要因は何か、市場労働以外の領域にも目配りしながら斬新な問題意識を提示する。
第1部 総 論
 第1章 新しい労働分析概念と社会システムの再構築[竹中恵美子]
 第2章 日本経済の不安定化とジェンダー構造[宇仁宏幸]
第2部 「雇用の女性化」とジェンダー構造
 第3章 戦後日本の労働組合における家族賃金の形成と展開[山田和代]
 第4章 戦後日本の労働市場政策の展開とジェンダー[井上信宏]
 第5章 経済のサービス化と労使関係[北明美]
 第6章 大競争時代の日本の女性パート労働[三山雅子]
 第7章 「ワークシェアリング」とジェンダー[柚木理子]
第3部 農業,ボランタリー・セクターのジェンダー構造
 第8章 農村労働市場と農家女性労働力[吉田義明]
 第9章 ケア・ワークとボランタリーセクター[服部良子]

同じジャンルの本

このページのトップへ