ホーム > 福島瑞穂の新世紀対談
福島瑞穂の新世紀対談
本体1,600円+税
ISBN 9784750313634
判型・ページ数 A5変・256ページ
出版年月日 2001/01/01

福島瑞穂の新世紀対談

おもしろく生き抜いてみよう

福島瑞穂と個性あふれる17人から元気をもらおう! シンドイ世の中、とんでもない社会を楽しくデザインしよう!! 辛淑玉、佐高信、テリー伊藤、鶴見俊輔らとの対談。
辛淑玉◎男が頑張らなくてもいい社会が本当にいい社会。
佐高信◎政治家は原理を貫き,外からの評価を重視せよ。
テリー伊藤◎今度は何を食べたいのか? 有権者はハッキリしろ!!
吉永みち子◎いまの政治は一番のコアが全部古くてだらしないよね。
木村晋介◎かみ砕いてわかりやすく説明することがいまの政治に必要。
上原公子◎女性市長として女性の視点でまちづくりをすすめたい。
天野祐吉◎インテリ語ではダメ。知的大衆に通じる言葉を。
海渡雄一◎盗聴法は成立した。でも市民は萎縮せず発言しよう。
鶴見俊輔◎一個人が体制に対してジョーカーを出すこともできる。
道浦母都子◎言葉の大事さを伝えていきたいと思うのです。
湯川れい子◎政治的な発言は,自分にとってベストな生き方の選択の一つ。
内橋克人◎「景気回復を」と叫ばず,「経済政策を変えろ」と言いましょう。
宮崎学◎「少数者のほうが楽でいいんじゃないか」。僕のなかには常にある。
金子勝◎自分たちの声が届く政治は,いま最高にオルタナティブ。
辺見庸◎自前の魂のこもった言葉というのが,すごく大事。
石川好◎国民が一番不安に思っていることを保障するのが政治の力。
浅田彰◎原則を曲げないからこそ,自由にネットワークが組める。

同じジャンルの本

このページのトップへ