ホーム > ネパールを知るための60章
ネパールを知るための60章
本体2,000円+税
ISBN 9784750313283
判型・ページ数 4-6・272ページ
出版年月日 2000/09/01

ネパールを知るための60章

グローバル化が進むなかで、1990年の市民革命以後、新憲法の制定等、民主化が進むネパールはどのように変わっていくのか、あるいは変わらないでいるのかを、マクロ・ミクロの視点から斬新に読み解く。
はじめに 変わるネパール,変わらぬネパール
1 変わりゆく生活空間(自然,都市,農村)
 登山・トレッキングの大衆化―ヒマラヤのゴミ問題/山の生活―シェルパの村・ジュンベシの変化ほか
2 民主化後の社会変化(政治,経済,開発)
 1990年民主化―街頭に立つ市民/民主化後のネパール経済―加速する経済成長 ほか
3 マイノリティの諸相(少数民族,低カースト,女性,子ども,障害者)
4 権利としての健康を求めて(健康,医療,福祉)
 ジェンダーから見たネパールの地域保健―保健・医療制度と開発協力の今後 ほか
5 明日への懸け橋(教育)
 ネパールの初等・中等教育 ほか
6 変わりゆく生活の基底(農業,林業,水産業)
 ネパールの社会林業/ネパールと災害/マガルの焼畑農耕/養蜂と村の生活/薬草の宝庫ネパール
7 変わりゆくメディアと精神世界(芸能,言語,宗教,メディア)
 ネパールの民族舞踊/ネパール小説の現在 ほか
コラム 「マハ」―パンチャーヤト/体制下で育った風刺コメディアン/ネパールの子どもたち/ネパール語の擬態語と擬声語

同じジャンルの本

このページのトップへ