ホーム > 性転換手術は許されるのか
性転換手術は許されるのか
本体2,000円+税
ISBN 9784750312101
判型・ページ数 4-6・224ページ
出版年月日 1999/09/01

性転換手術は許されるのか

性同一性障害と性のあり方

自らの望む性と実際の性別との越えられない壁に悩み、苦しむ人びと。日本で初めて公の性転換手術に道を開いた著者が、手術に至る道のりを明かすとともに、性のあり方、社会のあり方について訴える。
第1部 性転換手術までの道のり
 一 事の発端とその背景
 二 性同一性障害とはなにか
 三 倫理委員会はどう考えたか
 四 倫理委員会の答申
 五 倫理委員会答申後の動き―日本精神神経学会答申と提言
 六 本邦初の公の性転換手術にいたる道のり
第2部 性同一性障害をめぐる話題と性のあり方
 一 性同一性障害を持つ人がかかえる問題と今後の課題
 二 性の多様性と「女らしさ」「男らしさ」
 三 性のあり方をめぐる話題―歴史と補遺

同じジャンルの本

このページのトップへ