ホーム > 東南アジアの仏教美術
東南アジアの仏教美術
本体9,500円+税
ISBN 9784750312071
判型・ページ数 A5・408ページ
出版年月日 1999/09/01

東南アジアの仏教美術

宗教的高みと比類なき美をあわせもつ文化遺産-仏教遺跡が雄大なスケールをもって今も残る東南アジア地域。220点に及ぶ図版・写真と歴史的流れ、思想史的背景を把握した解説で類書を超える名著。
本書を読む前に――古代インド史と主要な美術様式[駒井洋] 序 章 [R.A.バトゥラー] 第一章 序論 第二章 概論 第三章 ビルマ 第四章 シャムのモン王国時代 第五章 マレー半島とシュリヴィジャヤ王国 第六章 ジャワとバリ 第七章 カンボジア―インドの起源 第八章 カンボジアの古典時代 第九章 カンボジア時代のシャム 第十章 タイ人のシャム到来 第十一章 タイ人の興隆とスコータイ王国 第十二章 北部王国と南方のアユタヤー王朝の創設

同じ著者(訳者)の本

このページのトップへ