ホーム > 教師と人権教育
教師と人権教育
本体2,800円+税
ISBN 9784750346847
判型・ページ数 A5・248ページ
出版年月日 2018/07/31

教師と人権教育  新刊

公正、多様性、グローバルな連帯のために

人権は、アプリオリのルールや決まりではなく、また優しさや思いやりでもない。時に、人権を保障すべき国家に対峙し、ボーダーを超えて人と連帯するための規範・規準である。本書では、人権について学び、人権の目的や趣旨のために学び、人権が守られた環境の中で学ぶという人権教育のトータルな学びを理解するための概念と女性、子ども、貧困、多文化共生など個別テーマを詳解する。
 日本語版への序文
 謝辞
 序文
 略語一覧


第Ⅰ部 人権:行動のためのアジェンダ

第1章 三人の語り
 議論
 本書の構成

第2章 人権の文脈化
 本書の目的
 私たちの取り組みはどこから始まったのか

第3章 人権についての枠組み
 人権:歴史的視点
 法的視点
 社会学的視点

第4章 人権、正義、平和
 コスモポリタンな世界観としての世界人権宣言
 ユートピア世界観としての世界人権宣言
 人権の概念
 四つの自由
 世界人権宣言と国家の抑圧
 結論

第Ⅱ部 政治、文化、不平等

第5章 女性の人権
 女性による行動と人権の発展
 女性の人権のための諸原則
 オルタナティブな構想の開発
 政治的な権力
 公私の分離
 グローバルな連帯
 教育と女性の人権

第6章 人権とグローバルな変化
 世界の不平等
 グローバルな挑戦:開発
 国民国家のグローバルな責任
 教育と開発
 グローバルな挑戦:環境
 グローバルな市民社会

第7章 価値、文化、人権
 冷戦:政治的レトリックとしての人権
 ナショナリズム・コスモポリタニズム(世界市民主義)・多文化国家
 宗教・人権・文化相対主義
 関係主義(relationalism)
 普遍的な人権を文脈化する
 人権とアジア的価値
 グローバルな人権の言説が包含する意味


第Ⅲ部 学校における人権と民主主義

第8章 子どもの人権
 子ども期の概念の変容
 第12条と子どもの参画
 多文化主義と学校教育
 子どもの権利、発達と学校教育

第9章 シティズンシップ教育と人権
 シティズンシップ教育と国民国家
 民主的シティズンシップ教育と国家への帰属
 民主主義、多様性、隠された歴史
 民主主義と多様性
 コスモポリタン・シティズンシップのための教育と人権
 市民による行動、市民権、人権
 人権教育に対する国際的・国家的な取り組み
 人権教育の実施における挑戦と進展
 民主的シティズンシップ教育と共有の価値、マイノリティのニーズ
 人権教育の実践者が直面する課題

第10章 人権、政治、学校
 学校とテスト
 変革的教育(Transformative education)
 人権教育のための教育原理
 人権と歴史教育
 人権教育:政策と原則を展開する


 エピローグ
 参照文献
 索引

 監訳者による解説
 あとがきにかえて
 著者・訳者紹介