ホーム > リトアニアの歴史
リトアニアの歴史
本体4,800円+税
ISBN 9784750346434
判型・ページ数 4-6・464ページ
出版年月日 2018/05/10

リトアニアの歴史  新刊

リトアニアの著名な歴史家たちによって書かれた通史の邦訳。1009年に中世ドイツで書かれた『クヴェードリンブルク年代記』にリトアニアの名が初めて登場してから2004年のEU加盟に至るまでの壮大な歴史を、豊富な写真・図版とともに描いた。日本における初の通史。
 ご挨拶――日本語訳刊行にあたって
 まえがき
 凡例

序章 中央ヨーロッパの一部であるリトアニア
   ヨーロッパの地理的中心
   リトアニアの名称の起源
   リトアニアの歴史の概要
   リトアニア史上の重要な出来事

第1章 リトアニア大公国
 古代バルト人とリトアニア国家の出現
   異教と1009年におけるリトアニアへの言及
   ミンダウガスによるリトアニア国家の創設
   ゲディミナス朝の登場
 異教国家とキリスト教
   アルギルダスのもとのリトアニア
   正教ルーシにおけるリトアニア
   リトアニアのキリスト教化――キリスト教ヨーロッパの完成
 ヴィータウタスの帝国
   ヴィータウタスの治世における変化
   グルンヴァルトの戦い
   聖なる支配者
 西方への途上にあるリトアニア大公国
   キリスト教化、聖カジミエラス、ゴシック建築
   書くこと
   ルネサンスと宗教改革

第2章 ポーランド国家とリトアニア国家の合同
 両国民の共和国
   ルブリン合同
   バロック・ヨーロッパにおけるリトアニア大公国――貴族の民主政
   ポーランド=リトアニアにおける多宗派共存と寛容
   諸民族、諸言語、そして書くこと
   ヴィルニュス大学
   ヨーロッパ最東端かつ最北端のバロック建築
   ガオンと「北のエルサレム」
 ヨーロッパ初の憲法とその廃止
   リトアニア大公国への啓蒙の到来
   五月三日憲法と両国民の相互保障
   リトアニア大公国の崩壊

第3章 ロシア帝国下のリトアニア(1795~1915年)
 失われた国家を求めて
   ナポレオンの陰での文化的自治
   1830~31年の蜂起
   ツァーリ政府曰く「ここにはいかなるポーランドも生まれない」
   1863~64年の蜂起
   モティエユス・ヴァランチュス司教の「公国」
 民衆が民族になる
   1864~1904年におけるロシア化政策
   「我々はリトアニア人に生まれた!」
   変貌したリトアニアは自治を求める
   1905年以後のリトアニア――文化を通した抵抗

第4章 リトアニア国家の回復
 独立のための戦い
   リトアニアの計画――自治から独立へ
   1918年2月16日宣言
   ヴェルサイユ条約
   ソヴィエト・ロシアとの講和条約(1920年7月12日)
   ヴィルニュス問題
   リトアニア制憲議会とその決定
 国民になること
   海港を手に入れたリトアニア――クライペダの併合
   左派の民主主義と1926年12月のクーデタ
   スメトナ大統領とヴォルデマラス首相
   スメトナとトゥーベリスのタンデム体制
   両大戦間期リトアニアにおけるユダヤ人とポーランド人
   独立世代
 最後通牒の時代
   リトアニアとポーランド――無関係という関係
   ヨーロッパで最初のナチ裁判とクライペダ地方の喪失
   中立政策とモロトフ=リッベントロップ協定
   ソ連の最後通牒(1940年)とソヴィエトによる占領
 
第5章 ソヴィエトおよびナチ占領下のリトアニア
 スターリンとヒトラーの手の中で
   リトアニアのソヴィエト化
   抑圧と対ソヴィエト六月蜂起(1941年)
   リトアニア・ユダヤ人の絶滅――ホロコースト
   ナチ支配下のリトアニア
 ソ連に逆戻り
   ナチによる占領からソ連による占領へ
   戦後の戦争――武装レジスタンス
   経済のソヴィエト化
   文化の均質化
   教育とロシア化
   リトアニア外交団とディアスポラ
   妥協しない社会

第6章 歌う革命
 サーユーディスとともに――リトアニアのために!
   リトアニア改革運動サーユーディス(1988~90年)
   リトアニアの独立回復
   国際承認を待つリトアニア
   西ヨーロッパを追いかけるリトアニア
   近隣諸国との関係と大西洋両岸の統合

 訳者あとがき
 文献目録
 図版・写真の出典
 索引
 略語一覧

同じジャンルの本

このページのトップへ