ホーム > イランの歴史
イランの歴史
本体5,000円+税
ISBN 9784750346649
判型・ページ数 A5・484ページ
出版年月日 2018/04/10

イランの歴史  新刊

イラン・イスラーム共和国高校歴史教科書

イランの中等教育課程の歴史教科書。現代のイランの国民国家がいかに形成されてきたのか、その歴史を古代からイラン・イスラーム革命をへて20世紀末まで、各時代の指導者の系譜、政権の交代、社会・経済・文化状況などに関連して詳述する。
第一巻

第一部 歴史とその始まり

第1章 歴史とは何か、歴史家とはどのような人か

第二部 古代の世界

第2章 アーリア人到来以前のイランの地と人々
第3章 定住に向けて――アーリア人が移動し、国家を建てるまで
第4章 アケメネス朝
第5章 アルサケス朝
第6章 サーサーン朝

第三部 イスラームの出現――歴史における新たな胎動

第7章 イスラームの黎明
第8章 メディナ時代のイスラーム
第9章 初期カリフ時代
第10章 ウマイヤ朝カリフ時代(661~750年/41~132年H.Q.)
第11章 アッバース朝カリフ時代(750~1258年/132~656年H.Q.)

第四部 イスラームの到来からサファヴィー朝までのイラン

第12章 イランへのイスラームの到来
第13章 自立へと向かうイラン――イラン人政権の形成
第14章 ガズナ朝からモンゴル人〈政権〉に至るイラン
第15章 モンゴル人〈政権〉からサファヴィー朝までのイラン
第16章 イラン=イスラーム的文化・文明――イスラームの到来からサファヴィー朝の創建まで
第17章 イランの社会・経済状況――イスラームの到来からサファヴィー朝期まで


第二巻

第1章 サファヴィー朝期のイラン
第2章 サファヴィー朝の崩壊からザンド朝の終焉まで
第3章 ガージャール朝期イランの政治と行政
第4章 ガージャール朝期イランの対外関係(ナーセロッディーン・シャー期)
第5章 ガージャール朝期イランの社会・経済・文化――草創期から立憲革命期まで
第6章 イラン立憲革命の背景
第7章 イラン立憲革命
第8章 ロシア、イギリスのイランへの介入――立憲革命から1921年のクーデタまで
第9章 レジャー・シャー統治期のイラン
第10章 イランの状況――連合軍による占領からモルダード月28日/1953年8月19日のクーデタまで
第11章 イマーム・ホメイニー師の指導によるイスラーム運動
第12章 パフラヴィー体制との引き続く闘い
第13章 イラン・イスラーム革命
第14章 イスラーム共和国期のイラン
第15章 8年間にわたる聖防衛戦争


 訳者解説
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ