ホーム > 在日コリアンの人権白書
在日コリアンの人権白書
本体1,500円+税
ISBN 9784750346236
判型・ページ数 A5・164ページ
出版年月日 2018/02/14

在日コリアンの人権白書

植民地支配から戦後の解放後の国籍剥奪による今日に及ぶ差別まで、在日コリアンへの差別の根幹にある日本政府の姿勢を明らかにし、それに抗した在日コリアンのさまざまな運動をたどり、回復された人権と残された差別、またヘイトスピーチなど新たな差別への課題を平易に解説する。
はじめに――在日コリアンの人権を語り合うために

序章 在日コリアンとは何か

第1章 在日コリアンの人権――法的地位と国籍
 1.法的地位と国籍
 2.日本は解放直後、在日コリアンから参政権を剥奪
 3.日本は在日コリアンから日本国籍を剥奪
 4.在日コリアンの法的地位協定締結とそれ以降
 5.過去の差別の実態と民団の権益擁護運動

第2章 外国人登録法改正運動と91年問題
 1.外国人登録法改正運動(指紋押捺拒否運動)
 2.91年問題

第3章 在日コリアンの参政権と在留の権利
 1.地方参政権獲得運動
 2.北送事業と脱北者
 3.外国人登録法の廃止と新しい在留管理制度
 4.韓国の国政選挙

第4章 残された課題と新たなる差別
 1.公立学校の教員採用(教諭と常勤講師)問題
 2.最高裁の外国籍調停委員任用拒否問題
 3.元BC級戦犯の戦後補償問題
 4.地方参政権獲得運動
 5.従軍「慰安婦」問題
 6.サハリン問題
 7.在韓被爆者問題
 8.歴史教科書問題
 9.ヘイトスピーチ、ヘイトクライムの根絶
 10.在外国民にかかる韓国の行政差別
 11.複数国籍問題

おわりに――荒川に架かる橋
 在日コリアンの人権年表
 索引

コラム
 コラム1 民族と平和のために走った孫基禎
 コラム2 日本のヒーローとなった在日レスラー、力道山
 コラム3 金嬉老があぶりだした民族差別
 コラム4 韓国籍と朝鮮籍
 コラム5 法曹界のパイオニア、金敬得
 コラム6 在日を記録したドキュメンタリー映画監督、呉徳洙
 コラム7 闘い続けたピアニスト、崔善愛
 コラム8 国籍に翻弄されたマラソンランナー、金哲彦
 コラム9 翳りのある演技の背後に、松田優作
 コラム10 悲劇の政治家、新井将敬
 コラム11 関東大震災とヘイトスピーチ
 コラム12 在日コリアンが100人の村だったら
 コラム13 結婚によって減少する韓国籍者