ホーム > ノアの箱舟の真実
ノアの箱舟の真実
本体3,400円+税
ISBN 9784750346083
判型・ページ数 4-6・520ページ
出版年月日 2018/01/15

ノアの箱舟の真実

「大洪水伝説」をさかのぼる

大英博物館に持ち込まれた楔形文字の小さな石板。そこには古代バビロニアの大洪水と巨大な船の作り方が書かれていた。しかもそれは創世記の「ノアの箱舟」伝説とは全く異なるものだった。メソポタミアの洪水伝説が旧約聖書に組み込まれていく過程をたどるうちに、ノアの箱舟の驚くべき形が明らかになる。
第1章 この本について

第2章 現代に打ち込まれた楔

第3章 言葉と人々
 書記という職業については何がわかっているのか
 神々
 1 占い――未来を予測
 2 呪術と医学
 3 幽霊
 最後に
 アッカド語からギリシャ語へ

第4章 洪水物語
 〈シュメールの洪水物語〉
 アッカド語の「アトラ・ハシース物語」
 「アトラ・ハシース物語」の洪水物語
 『ギルガメシュ叙事詩』の洪水物語
 ベロッソスの著作に登場する洪水物語
 コーラン
 箱舟の書板

第5章 箱舟の書板

第6章 洪水の予告
 壁に語りかける
 箱舟の原型

第7章 箱舟の形
 古バビロニア版「アトラ・ハシース物語」
 新アッシリア・スミス版「洪水物語」
 網代舟としての箱舟
 創世記のノアの箱舟
 ベロッソスの箱舟
 コーランの箱舟

第8章 箱舟をつくる
 1 〈箱舟の書板〉の箱舟をつくる
 アトラ・ハシースの箱舟をつくる
 2 ウトナピシュティムの箱舟

第9章 舟に乗せられた生き物
 「アトラ・ハシース物語」の動物たち
 ノアの箱舟の動物たち
 「アトラ・ハシース物語」の動物のすべて
 ノアの動物たち

第10章 バビロンと聖書の大洪水
 比較する意義

第11章 ユダ人の経験
 なぜユダ人はバビロンにいたのか
 ヘブライ語での国の記録
 バベルの塔――バビロンを目の当たりにしたユダ人
 バビロンと出会ったユダ人――移住、文化、筆記術
 おわりに

第12章 何が箱舟に起こったのか
 聖書のアララト山
 アッシリアのニツィル山
 イスラムのジュディ山
 商売に利用する
 結論

第13章 〈箱舟の書板〉とは何か

第14章 結論――洪水物語と箱舟の形

第15章 円形の箱舟、あらわる
 建造
 夢を実現させる
 瀝青用のローラー
 動物
 進水
 その後、考えたこと

 補遺1 亡霊、魂、輪廻

 補遺2 〈ギルガメシュ第.書板〉を精査する

 補遺3 箱舟建造 技術報告書

 補遺4 〈箱舟の書板〉を読む

 注
 参考文献
 謝辞
 訳者あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ