ホーム > Q&A 生活保護ケースワーク 支援の基本
Q&A 生活保護ケースワーク 支援の基本
本体1,300円+税
ISBN 9784750345840
判型・ページ数 A5・168ページ
出版年月日 2017/11/10

Q&A 生活保護ケースワーク 支援の基本  新刊

全国公的扶助研究会が半世紀を越える成果を生かして編む、生活保護現場における支援・実践の基本ガイドシリーズ。第2巻は生活保護実践の「肉」となるケースワークの使い方を、実践例をもとに50のQ&Aでわかりやすく説く。
 『よくわかる 生活保護ガイドブック』シリーズの発刊にあたって
 はじめに

1 生活保護ケースワークへの招待――いま、なぜ 生活保護ケースワークなのか
 1 貧困の拡大――誰もが生活困窮状態に陥ってもおかしくない社会
 (1)高止まりする貧困率
 (2)社会保障制度の後退
 (3)ますます重要となる生活保護の役割、生活保護は「出番」
 2 生活保護ケースワークに必要なもの
 (1)生活保護ケースワークとは
 (2)生活保護ケースワークに必要なもの
 3 生活保護ケースワークの特徴
 (1)生活保護制度は「生活を丸ごと支える」強力なツール
 (2)生活問題・福祉需要を「発見」し、「支援」につなげる有効な制度
 (3)利用者の生活への介入度が強い制度
 (4)CWと利用者の力関係、情報格差がある制度
 (5)生活保護が権利であること
 4 ケースワーカーが置かれている現状
 5 いま、生活保護ケースワークに求められているもの

2 支援者と利用者、対象者とその関係
 Q1 ケースワーカー・支援者とは?
 Q2 利用者理解
 Q3 利用者との適切な距離
 Q4 望ましい援助関係の作り方

3 自立助長と自立支援の意味
 Q5 「自立」とは?
 Q6 経済的自立(就労自立) 日常生活自立 社会生活自立の考え方
 Q7 自立支援とケースワーク、ソーシャルワーク

4 ケースワークとソーシャルワーク
 Q8 生活保護ケースワークの基本的プロセス・流れ
 Q9 新規相談からのケースワークとソーシャルワークの展開
 Q10 引き継いだ世帯
 Q11 ケースワークの基本・バイスティックの7原則
 Q12 ストレングス視点とエンパワメント
 Q13 ケースワークとソーシャルワーク

5 ケースワークの基本・訪問と記録
 Q14 訪問の基本①
 Q15 訪問の基本②
 Q16 記録の目的
 Q17 記録の書き方の7つのポイント

6 課題別の支援のポイント
 Q18 ひとり親世帯の支援
 Q19 子どもがいる世帯への支援
 Q20 ホームレスへの支援
 Q21 高齢者への支援
 Q22 DV・虐待被害者への支援
 Q23 債務・浪費に対する支援
 Q24 病気のある人への支援
 Q25 身体障害のある人への支援
 Q26 知的障害のある人への支援
 Q27 発達障害が疑われる人への支援
 Q28 精神疾患のある人への支援
 Q29 アルコール依存症の人への支援①
 Q30 アルコール依存症の人への支援②
 Q31 ひきこもり状態の人への支援
 Q32 自殺を考える人、希死念慮のある人への支援
 Q33 パーソナリティに障害のある人への支援
 Q34 若者への支援

7 就労支援ソーシャルワーク
 Q35 就労支援と就労指導
 Q36 一見、就労意欲のない人への支援
 Q37 仕事が続かない若い人への支援
 Q38 子どもがいる世帯への就労支援
 Q39 病気、障害と就労支援

8 生活保護制度の強みを活かしたケースワーク
 Q40 扶養照会とケースワーク
 Q41 救護施設の利用
 Q42 医療扶助とケースワーク
 Q43 就労支援と収入認定

9 連携・協働
 Q44 医療機関との連携
 Q45 高齢者への支援と連携
 Q46 障害者への支援と連携
 Q47 子どもへの支援と連携
 Q48 地域との連携

10 ケースワーカーとして、組織として、福祉事務所の中ではぐくむチカラ
 Q49 人づくり(CWとしての成長のために)
 Q50 魅力的な職場づくり

同じジャンルの本

このページのトップへ