ホーム > 言語と教育
言語と教育
本体4,200円+税
ISBN 9784750345734
判型・ページ数 A5・240ページ
出版年月日 2017/10/31

言語と教育  新刊

多様化する社会の中で新たな言語教育のあり方を探る

近年、日本では小学校の英語教育の是非が問われているが、言語教育においては単に賛成/反対の二分論では捉えきれない複雑な問題も多い。国内外の様々な環境における教育の事例を通して、真のグローバル化に対応する言語教育とは何かを摸索する意欲的な論集。
 まえがき

第Ⅰ部 国内の事例

第1章 日本手話とろう教育――危機的な時代の第三の道[佐々木倫子]
コラム① 在日ブラジル人第二世代の言語と教育の問題点[杉野俊子]
第2章 母語を生かした英語の授業――英語を英語で教える授業を補うために[井上恵子]
コラム② 夜間定時制高校における言語的多様性と英語教育[森谷祥子]
コラム③ これからの英語とのつきあい方[中川洋子]
第3章 世界の動向に連動する言語教育とは――日本の教育に欧米型の論理的思考法と言語技術を取り入れるときに考えなければいけないこと[蒲原順子]

第Ⅱ部 海外の事例

第4章 カナダ・ヌナブト準州のイヌイットの社会変化と教育[長谷川瑞穂]
コラム④ オーストラリアにおける少数民族言語教育の成功と不成功[濱嶋聡]
コラム⑤ パラオにおける言語の状況[岡山陽子]
第5章 グローバル時代におけるマカオの言語教育――グローバル社会での生き残りを賭けた政策[原隆幸]
コラム⑥ アフリカにおける言語使用と教育[山本忠行]
第6章 英語教育と先住民族言語復興――マオリ語・アイヌ語を中心に[岡崎享恭]
コラム⑦ ベトナムと日本の架け橋になれるか、新設のある大学の役割[近藤功]
第7章 インドの部族言語の教育――サンタル語教育に関する現地調査より[野沢恵美子]

第Ⅲ部 第三の道へ

第8章 言語は中立か――英語の経済的・社会的優位性についての一考察[田中富士美]
第9章 脱グローバル化時代の語学教育――「母語+英語+第三の場所」の提案[杉野俊子]
第10章 日本における英語必要・不要論――バフチンの「対話」の概念が示唆する第三の道[波多野一真]

 あとがき
 用語索引

同じジャンルの本

このページのトップへ