ホーム > 社会調査からみる途上国開発
社会調査からみる途上国開発
本体2,500円+税
ISBN 9784750345826
判型・ページ数 A5・228ページ
出版年月日 2017/10/20

社会調査からみる途上国開発  新刊

アジア6カ国の社会変容の実像

成長著しいアジアの開発途上国・地域において、いかなる変革が進められてきたのか。詳細な現地調査をもとに、経済社会の変化や社会制度改革の実態を紹介。途上国への理解とともに、外部からの援助と制度改革支援の経済社会的なインパクトを分析・検証し直す。
序章 社会調査を通じてみる途上国開発の現実
 1.途上国で進む社会変容
 2.アンケート調査の目的と意義
 3.途上国でのアンケート調査とその方法
 4.本書の目的と構成

第1章 カンボジアの近代化と社会関係資本
 はじめに
 第1節 カンボジアの近代化と社会変容
 第2節 カンボジアの都市と農村の比較分析
 第3節 アンケート調査にみる都市と農村の相違
 第4節 アンケート調査にみる社会関係資本の特徴
 第5節 まとめ――社会関係資本に関する調査の成果と課題
 コラム:プノンペンのホテルからみたカンボジア

第2章 東ティモールの国づくりと社会関係資本――カンボジアとの比較
 はじめに
 第1節 東ティモールの国づくりのプロセス
 第2節 東ティモールにおける社会関係資本調査
 第3節 東ティモールの人々の経済社会状況
 第4節 東ティモールの社会と近代化――カンボジアとの比較検討
 第5節 まとめ――東ティモールにおけるアンケート調査の意義と課題
 コラム:日本の援助と中国の援助の対比

第3章 ベトナムにおける社会的安全網の南北比較
 はじめに
 第1節 社会的安全網に関する調査の目的と分析の視点
 第2節 ベトナム南北二つのコミューンの概要
 第3節 北部(ハイヴァン・コミューン)における社会的安全網
 第4節 南部(タンチュウナャ・コミューン)における社会的安全網
 第5節 まとめと結論
 コラム:25年を経たハノイ市内の変化

第4章 南ミンダナオの社会状況と生計向上支援
 はじめに
 第1節 ミンダナオの社会状況と日本の支援
 第2節 南ミンダナオ沿岸地域環境保全事業とその成果
 第3節 受益者調査の方法と対象住民組織の概要
 第4節 受益者調査にみる生計向上支援の成果とインパクト
 第5節 まとめ――事業の中長期的なインパクト
 コラム:フィリピンにおける住民組織の活動

第5章 パキスタンの全国排水路整備と農民組織化
 はじめに
 第1節 パキスタン情勢と全国排水路整備計画
 第2節 農民組織改革の概要と本事業の効果・インパクト
 第3節 支援対象地域の二つの農民組織に対するアンケート調査
 第4節 二つの農民組織の比較調査からみえること
 コラム:英国植民地時代の遺産

第6章 スリランカの電話通信網整備と世帯・企業へのインパクト
 はじめに
 第1節 電話通信網の整備と経済発展
 第2節 スリランカにおける通信分野の競争環境の変容
 第3節 調査の方法と概要――アンケート調査とインタビュー調査
 第4節 世帯・個人へのインパクト
 第5節 企業・団体へのインパクト
 第6節 まとめ――通信アクセスのインパクト
 コラム:内戦と津波の影響

終章 開発学の中での本書の位置づけ
 1.途上国での社会調査と開発学
 2.住民生活の実態調査としての意義
 3.本書の意義と課題

 あとがき
 略語対照表

同じジャンルの本

このページのトップへ