ホーム > ミャンマーの教育
ミャンマーの教育
本体4,500円+税
ISBN 9784750345741
判型・ページ数 4-6・464ページ
出版年月日 2017/10/20

ミャンマーの教育  新刊

学校制度と教育課程の現在・過去・未来

学校制度、カリキュラム、教科書と教科内容、教授方法と授業実践、教員養成制度などミャンマーで行なわれている教育の全体像を紹介するとともに、前近代から軍事政権下までの歴史的変遷、民主化で進む大規模な改革の展望までを通史的にまとめた初の教育史。
 はじめに


第Ⅰ部 ミャンマーの教育現状

第1章 ミャンマーの授業実践
  ■事例1 解答はクラス全員で一斉に答える!
  ■事例2 教科書を徹底的に暗記する!
  ■事例3 正しい答えが出せればよし!

第2章 ミャンマーの教育制度
 1 学校制度
  ■現行の学校制度
  ■ミャンマーの公立学校
 コラム1 ミャンマーの僧院学校とコミュニティ学校
 2 教育行財政制度
  ■教育行財政を担う教育省
  ■ミャンマーの教育財政
 3 教育課程(カリキュラム)
  ■現行の教育課程
  ■ミャンマーの教科書と教員用指導書
 コラム2 ミャンマーの教育に関する法的規定と現状

第3章 ミャンマーの学校現場における教育実践
 1 教育書の内容
  ■「ミャンマー語」 一定の価値観の注入
  ■「道徳公民」 行動様式の矯正
  ■「社会」 育ちつつある価値観の強化
  ■「算数」 意味の軽視
  ■「理科」 科学的な見方・考え方の欠如
 2 教育方法
  ■暗記暗唱が基本
  ■試験第一主義
 コラム3 タウンシップ教育局
 3 学校施設
  ■大きな地域格差
  ■教室空間とその課題
 4 教員とその力量
  ■教科書及び教員用指導書に依存した授業実践
  ■教員昇進制度から見える教員の不均衡
  ■大規模な臨時採用
 コラム4 学校の一日

第4章 ミャンマーの教員養成制度
 1 教員養成制度と教育課程(カリキュラム)
  ■教員養成のための教育機関
  ■教員養成学校(EC)の教育課程(カリキュラム)
 2 教員養成学校(EC)での教育内容とその方法
  ■教科書の内容
  ■教育方法
 コラム5 主要な教育哲学思想とその系譜
 コラム6 問題解決学習、探究学習、発見学習


第Ⅱ部 ミャンマーの教育の歴史的変遷

第5章 近代以前の教育

第6章 イギリス植民地時代の教育(一八五二-一九四一年)
 1 近代的教育の導入とその模索
 2 三分岐した学校系統の出現
 3 職業訓練教育の未発達
 4 民族学校の勃興
 5 高等教育の始まり
 6 教員養成の開始と教員訓練カレッジ(TTC)の登場

第7章 日本占領時代の教育(一九四二-四五年)
 1 日本軍のビルマにおける教育基本政策
 2 日本軍政下での教員錬成
 3 日本軍政下でのラングーン大学
 4 日本軍による日本語教育
 5 日本軍政末期の状況

第8章 独立直前の教育政策(一九四五-四七年)

第9章 独立後のパサパラ政権下での教育(一九四八-五八年)
 1 独立当初の大規模な教育改革
 2 ピードーター計画と「新生活の創造」教育計画
 3 一般教育の普及
 4 教員養成の強化
 5 職業教育の本格化
 6 試験制度の整備
 7 私立学校の存在と教育実践

第10章 政局不安定期の教育(一九五八-六二年)

第11章 ネーウィン軍事政権下での教育(一九六二-七四年)
 1 基礎教育の登場
 2 専門教育の重視と高等教育機関の新設
 3 教育大学(IOE)の誕生による新たな教員養成制度
 4 試験制度の改革
 5 私立学校の国有化政策

第12章 社会主義政権下の教育(一九七四-八八年)
 1 一時しのぎの高等学校の教育課程改革
 2 新教育プログラム(NEP)の下での基礎教育課程の大改革
 3 地方大学(RC)の実験的試み
 4 政治教育の重視
 5 市民権法による人権侵害
 コラム7 教科書に見る一面的な教育成果の強調

第13章 絶対的軍事政権下の教育(一九八八-二〇一一年)
 1 国家法秩序回復評議会(SLORC)の下での教育改革
  ■中途半端な基礎教育改革
  ■度重なる高等教育機関の閉鎖と教育の質的低下
 2 国家平和発展評議会(SPDC)の下での教育改革
  ■教育振興プログラム(EPP)の実施
  ■基礎教育の評価制度の改革
  ■マトリキュレーション試験の改革
  ■教員養成学校(EC)の開設
 コラム8 軍事政権下での教育行政


第Ⅲ部 ミャンマーの教育の将来

第14章 現在進行しているミャンマーの教育大改革
 1 学校制度の大改革
 2 教育行政制度の大改革
  ■大きな権限をもつ独立組織の誕生
  ■教育省はどうなるのか?
 3 教育課程(カリキュラム)の大改革
  ■カリキュラム・フレームワーク(CF)の策定
  ■新しい教科書の開発
 4 教員養成の大改革

第15章 ミャンマーの教育における今後の課題
 1 学校制度改革の移行期をどう乗り切るか?
 2 評価制度・試験制度を改革できるのか?
 3 多民族国家が抱える問題をどう解決していくか?


 おわりに

 参考文献・資料
 付属資料1 ミャンマー連邦共和国憲法(教育に関する部分のみ抜粋)
 付属資料2 国家教育法(全訳)
 付属資料3 ナショナル・カリキュラム・フレームワーク(全訳)
 付属資料4 ミャンマーの小学校の教科書内容
 付属資料5 ミャンマーの中学校の教科書内容
 付属資料6 ミャンマーの高等学校の教科書内容
 付属資料7 ミャンマーの教員養成学校(EC)の教科書内容
 索引

同じジャンルの本

このページのトップへ