ホーム > キリシタンが拓いた日本語文学
キリシタンが拓いた日本語文学
本体6,500円+税
ISBN 9784750345574
判型・ページ数 A5・416ページ
出版年月日 2017/09/07

キリシタンが拓いた日本語文学  新刊

多言語多文化交流の淵源

郭 南燕 編著
国内外の研究者による共同研究「キリシタン文学の継承:宣教師の日本語文学」の成果により、宣教師の日本語習得と運用を中心テーマとして、歴史的背景、近代における展開、視覚的イメージ、ハングル著述との比較、という四つの角度からまとめた論集。
序論 キリスト教宣教に始まる多言語多文化的交流[郭南燕]

第一部 キリシタン時代の日本文化理解《イエズス会の適応主義》

1 聖フランシスコ・ザビエルの日本語学習の決意[郭南燕]
 一、アジア諸言語との接触
 二、ザビエルの日本語学習
 三、ザビエルの日本語力
 結び

2 イエズス会巡察師ヴァリニャーノの「順応」方針の動機と実践[川村信三]
 一、宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノ
 二、ヴァリニャーノの出身地キエーティ
 三、ヴァリニャーノの受けた教育――パドヴァ大学、ローマ学院
 四、ヴァリニャーノの「順応」(accommodation)方針
 五、ポルトガルの東進およびスペインの西進による植民地拡大
 六、日本における順応方針の確立
 七、順応方針のその後
 八、順応方針の負の遺産
 九、現地人聖職者の養成
 結び

3 イエズス会の教育とヴァリニャーノの思想[李梁]
 一、イエズス会の理念
 二、ロヨラを継承したヴァリニャーノ

4 イエズス会の霊性と「九相歌」[カルラ・トロヌ/田中零 訳]
 一、先行研究について
 二、 日本イエズス会の教育制度における「九相歌」
 三、「九相歌」と仏教の伝統
 四、「九相歌」とイエズス会
 結び

5 『日葡辞書』に見える「茶の湯」の文化[アルド・トリーニ]
 一、日本文化における「茶の湯」
 二、『日葡辞書』における茶の文化の語彙
 三、茶の湯と茶の文化にかかわる語彙
 結び 

6 マニラから津軽へ――「キリシタン時代」末期における日本宣教再開の試み[阿久根晋]
 一、航海の背景と史料
 二、航海と再布教計画
 三、航海の結末と「キリシタン時代」の終焉
 結び

[コラム1]先祖の話:キリシタンへの改宗[浦道陽子]

第二部 日本宣教と日本語による著述《近代のプロテスタントとカトリック》

1 辞書は伝道への架け橋である――メドハーストの辞書編纂をめぐって[陳力衛]
 一、英和・和英語彙(一八三〇)
 二、福建方言字典(一八三二)
 三、朝鮮偉国字彙(一八三五)
 四、台湾虎尾壟語辞典(一八四〇)
 五、華英字典(一八四二‐四三)
 六、英華字典(一八四七‐四八)
 結び

2 来日プロテスタント宣教師と「言語」――明治初期津軽の事例から[北原かな子]
 一、弘前とキリスト教――イング着任前
 二、イングとキリスト教布教――来日前と来日後
 三、イングの宣教と「言葉」
 四、弘前初の洗礼式と「言葉」
 五、津軽地方初の留学生派遣へ
 六、津軽初の留学生たちとアメリカ
 結び

3 仏人宣教師リギョールと『教育と宗教の衝突』論争[将基面貴巳]
 一、『教育と宗教の衝突』論争
 二、リギョールの観点
 三、井上哲次郎の立場
 四、キリスト教陣営の主張

4 カンドウ神父の日本文化への貢献[ケビン・ドーク]
 一、カンドウ神父の経歴と来日
 二、戦後日本の近代主義への反対
 三、カンドウの文学的影響
 四、優れたエクリヴァン
 結び 

[コラム2]マレガ神父の日本文化研究[シルヴィオ・ヴィータ]

5 日本語の書き手としてのホイヴェルス――「最上のわざ」を中心に[谷口幸代]
 一、「最上のわざ」の詩人
 二、〈ホイ語〉の詩
 三、「年をとるすべ」の中の「最上のわざ」

6 ホイヴェルス脚本『細川ガラシア夫人』――世界文学へのこころざし[郭南燕]
 一、ホイヴェルス神父の日本語文学
 二、細川ガラシャへの敬服
 三、ホイヴェルス以前の細川ガラシャ像
 四、ホイヴェルス脚本の特色
 五、世界文学の精神とホイヴェルス

第三部 聖なるイメージの伝播《キリスト教の多文化的受容》

1 複製技術時代における宗教画――世界の「サルス・ポプリ・ロマーニ聖母像」をめぐって[望月みや/田中零 訳]
 一、バロック期の機械
 二、反復ではない複製
 三、画像改革
 四、新素材媒体の出現
 結び

2 多様性の中の統一性:愛の性格――カクレキリシタンにおける「神の啓示」の意味[松岡史孝/木村健 訳]
 一、常に改められる教会――カクレの共同体:生きている歴史遺物か、それとも常に改革する共同体か
 二、「知ることは知られることである」――生きられた歴史と観られた歴史
 三、「心に伝わる響き」――サン・ジワン枯松神社における神的な啓示の意味

3 贈り物の聖なる交換――カトリック麹町 聖イグナチオ教会[E・C・フェルナンデス、S・M・ピッツ/田中零 訳]
 一、生きた石たちの祈りの空間
 二、キリシタン時代の交流の場としての教会
 三、現代日本における交流の場としての教会
 結び:過去から未来へ

4 『沈黙』にひそむ『瘋癲老人日記』の影――遠藤周作と谷崎潤一郎をむすぶ糸[井上章一]
 前口上/踏絵と仏足石/日記と書簡/マルキ・ド・サドにみちびかれ

[コラム3]「聖骸布」に関するコンプリ神父の日本語著書[郭南燕]

第四部 朝鮮半島宣教とハングルによる著述《日本との比較》

1 ハングルによるカトリックの書物――一八世紀から一九四五年までの概観[フランクリン・ラウシュ/木村健 訳]
 一、朝鮮半島におけるキリスト教伝播の初期(一七八四‐一八三一年)
 二、パリ外国宣教会の宣教師到来と迫害の継続(一八三一‐七六年)
 三、過渡期のハングルによる書物(一八七六‐八六年)
 四、宗教的寛容と朝鮮王朝の終局(一八八六‐一九一〇年)
 五、植民地時代の宣教師とハングルによる書物(一九一〇‐四五年)
 結び

2 外国人宣教師の半島伝道と著述活動[李容相]
 一、朝鮮半島におけるプロテスタントの宣教
 二、日本人宣教師の伝道とクリスチャンネットワーク
 三、宣教師の著述物
 結び

3 外国人女性宣教師の文化的影響[崔英修]
 一、来韓する女性宣教師の伝道
 二、朝鮮の時代的背景
 三、女性宣教師たちの活躍

 結び
 編著者あとがき
 人名索引

同じジャンルの本

このページのトップへ