ホーム > 貧困研究 Vol.18
貧困研究 Vol.18
本体1,800円+税
ISBN 9784750345246
判型・ページ数 B5・122ページ
出版年月日 2017/06/15

貧困研究 Vol.18

日本における貧困研究の深化・発展、国内外の研究者の交流をはかり、貧困問題をさまざまな人々に伝えていく、日本初の貧困研究専門誌の第18号。第1特集は「生活再建と貧困・復興格差」、第2特集は「貧困問題と法的支援」。
 巻頭のことば[村上英吾]

特集1 生活再建と貧困・復興格差――貧困研究会第9回研究大会共通論題より――
 シンポジウム「生活再建と貧困・復興格差」に向けて[丹波史紀]
 原発事故賠償からみる福島復興の課題――被災者の生活再建と地域再生に向けて――[除本理史]
 県外避難者の支援について[佐藤宏美]
 被災地から見る貧困問題[渡邊純]

特集2 貧困問題と法的支援
 生活困窮者に対する法的支援の現状と課題[舟木浩]
 法テラスの司法ソーシャルワークの取り組み[森優一]
 生活困窮者の法律相談――大阪弁護士会の取り組み――[小久保哲郎]
 ひとり親への法的支援――離婚が貧困に直結している現実を踏まえて――[篠田奈保子]

シリーズ:生活困窮者支援の現場から 4
 子どもたちと新しい明日をつくる[村尾政樹]

投稿論文
 社会保障システムにおける食料保障――フードバンク事業の社会政策的側面での意義と可能性についての考察――[角崎洋平]

調査報告
 フードバンクと生活困窮者支援――フードバンクと支援団体・施設からの聴き取り調査結果をもとに――[佐藤順子]

書評
 稲葉剛著『貧困の現場から社会を変える』[山内太郎]
 上間陽子著『裸足で逃げる――沖縄の夜の街の少女たち』[長瀬正子]

国内貧困研究情報
 貧困研究会第9回研究大会報告(2016年12月3日(土)~4日(日)、於:コラッセふくしま/チェンバおおまち)
 〈自由論題〉
 ①「ドイツにおける住宅喪失予防の取り組み」[嵯峨嘉子]
 ②「高齢者の生活実態――最低生計費調査や聞き取り調査から見えること――」[中澤秀一・小澤薫]
 ③「生活保護における障害加算の変遷と課題」[中野加奈子]
 ④「治療の開始及び療養の継続に関わる支援の現状と課題――医療機関調査の結果から」[湯川順子]
 ⑤「治療の開始及び療養の継続に関わる支援の現状と課題」――医療ソーシャルワーカー調査の結果から」[田中聡子]

貧困に関する政策および運動情報 2016年7月~2016年12月[山田壮志郎/五石敬路/小西祐馬/村上英吾/北川由紀彦]

 貧困研究会規約
 原稿募集及び投稿規定
 編集後記

同じジャンルの本

このページのトップへ